スターバックスがd払い・au PAY・楽天ペイを導入、11月11日から

スポンサーリンク

スターバックスは、2021年11月11日より、全国のスターバックス店舗のうち約8割の1,300店で、「楽天ペイ」、「d払い」、「au PAY」のコード支払いに対応する。

スターバックスで導入する決済方式は、ユーザーの画面上に表示されるコードをストアが読み取りする、ストアスキャン方式。

スターバックスのプレスリリースは以下にて。

よりシームレスに、より心地よく。店舗でのお支払いを、さらに便利に全国のスターバックス店舗でキャッシュレス支払い手段を拡充~ 11月11日(木)より、楽天ペイ、d払い、au PAYを導入 ~ | スターバックス コーヒー ジャパン

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社〔本社所在地:東京都品川区、代表取締役最高経営責任者(CEO):水口貴文〕は、11月11日(木)より、全国のスターバックスのおよそ8割となる約1,300店で、「楽天ペイ」「d払い」「au PAY」でのコード支払いがご利用いただけるようになることをお知らせいたします。

スターバックスコーヒー:コード決済の導入

■導入日
2021年11月11日から

■対象店舗
全国約1,300店舗(全国の店舗のうち約8割)

■対応サービス
d払い
au PAY
楽天ペイ

スターバックスはこれまで、スターバックス カードのほか、交通系電子マネー、PayPay、LINE Payに対応しており、新たにd払いなど3つの電子マネーサービスを導入する。

スターバックスで利用できる決済方法に関する案内は以下にて。
いつもの一杯をキャッシュレスで。|スターバックス コーヒー ジャパン