「 バニラエア 」一覧

バニラエア:成田 〜 札幌が片道2,490円、沖縄(那覇)が片道3,990円のセール開催!搭乗期間は5月1日 〜 6月末

バニラエア:成田 〜 札幌が片道2,490円、沖縄(那覇)が片道3,990円のセール開催!搭乗期間は5月1日 〜 6月末

バニラエアは、成田 〜 札幌が片道2,490円、成田 〜 那覇が片道3,990円になるセールを10日(金)18:00より開催する。搭乗期間は5月1日 〜 6月30日まで。 バニラエアのWebサイトでのセール紹介は以下にて。 わくわくバニラ 札幌・沖縄SALE | 【公式】バニ...

バニラエア社長の「1年前より運賃を下げた」発言を合計金額ベースで検証してみた

バニラエア社長の「1年前より運賃を下げた」発言を合計金額ベースで検証してみた

成田空港第3ターミナルの開業を記念し、バニラエア社長が乗客向けに行った挨拶の内容がAviationWireに公開されている。 バニラエア石井社長「コスト下がり運賃も下げた」 特集・成田LCCターミナル開業(前編) 「コストが下がることも織り込んでいるので、昨年と比べて(3月29...

ANA、バニラエア特典航空券の申込をWebサイトで受付開始 – 必要マイル数は国内線片道5,000マイルからに引き下げ

ANA、バニラエア特典航空券の申込をWebサイトで受付開始 – 必要マイル数は国内線片道5,000マイルからに引き下げ

ANAは、バニラエアの特典航空券の申込を4月1日よりWebサイト上で受付開始。 同時に、特典航空券の交換に必要なマイル数を国内線では片道5,000マイル(往復10,000マイル)から、国際線では片道10,000マイル(往復20,000マイル)へと引き下げしている。なお、バニラエ...

東京(成田) 〜 台北のLCCはどこがお得?LCC 3社のセール運賃を空港使用料込みで比較

東京(成田) 〜 台北のLCCはどこがお得?LCC 3社のセール運賃を空港使用料込みで比較

4月2日より東京(成田) 〜 台北に新規就航するLCC「タイガーエア台湾」は、同路線が片道999台湾ドル(約3,800円)になる就航記念セールを開催している。 関連エントリ:タイガーエア台湾、成田 〜 台北の就航記念セールは片道 999台湾ドル!成田 〜 台北の往復総額は約11,...

バニラエア:成田 〜 台北&高雄が片道4,900円のセールを開催!搭乗期間は4月25日 〜 6月30日

バニラエア:成田 〜 台北&高雄が片道4,900円のセールを開催!搭乗期間は4月25日 〜 6月30日

成田空港を拠点とするLCC「バニラエア」は、27日(金)15:00より成田 〜 台北&高雄が片道4,900円(燃油サーチャージ不要、空港使用料など別途必要)のセールを開催する。 27日(金)の15:00は、4月2日より新しく成田 〜 台北に就航する「タイガーエア台湾」が就航記念...

LCC国内線、支払手数料 + 空港使用料の合計金額は1年間で最大4.4倍に値上げ – 「低価格」のメリットが薄れる

LCC国内線、支払手数料 + 空港使用料の合計金額は1年間で最大4.4倍に値上げ – 「低価格」のメリットが薄れる

『低価格』がウリのLCCの国内線で『運賃以外』の搭乗者負担が直近1年間で大きくなり、2014年4月1日と2015年4月8日を比較すると、最も金額差が大きい「バニラエア」では支払手数料 + 空港使用料の合計金額(片道、1区間あたり)が200円 → 880円と、4.4倍に値上がりして...

バニラエア:成田 〜 札幌の4往復が平日28,800円、全日58,800円の回数券を限定発売

バニラエア:成田 〜 札幌の4往復が平日28,800円、全日58,800円の回数券を限定発売

バニラエアは、成田 〜 札幌間に使える『バニラエア往復回数券』を3月24日(火)より発売することを発表。成田 〜 札幌間を4往復できる回数券が、平日のみ利用可能なタイプで28,800円、週末を含めて利用可能なタイプが58,800円にて販売される。 バニラエアの往復回数券について...