iOS向けRakuten Linkが仕様変更、音声通話着信とSMSでOS標準アプリを優先へ

スポンサーリンク

楽天モバイルは、「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」向けのコミュニケーションアプリ「Rakuten Link」アプリについて、iOS(iPhone)向けの仕様を2021年6月15日より順次変更する。

【重要】Rakuten LinkアプリiOS版の仕様変更に関するお知らせ – 楽天モバイル

仕様変更は、音声通話の着信とSMS送受信に影響するので、iOSで「Rakuten Link」を利用中の方は要注意。

iOS向けの「Rakuten Link」は現在、固定電話やRakuten Linkを利用していないスマートフォンからの電話発信についても、着信側はRakuten Linkアプリで着信する仕様となっている。仕様変更後は、iOS標準の電話アプリで着信する仕様に変更となる。

このため、仕様変更に伴って着信を受けたアプリ(=iOS標準アプリ)で折り返しの電話を行うと、通常通りの通話料が発生するようになる。
※従来通り、Rakuten Linkアプリから発信すれば国内宛の通話は無料。

■Rakuten Link:着信時の仕様変更
UntitledImage

着信時に注意が必要となるのは、海外滞在中に電話を受けるケース。発信元がRakuten Linkアプリを使わずに、固定電話や楽天モバイル以外のスマートフォンから発信する場合、従来はRakuten Linkアプリで着信可能なため、着信は無料だったが、iOS標準アプリで着信を受け取りするため、ローミング扱いでの着信料金が発生するようになる。

■着信時の料金
UntitledImage

SMS送受信に関する変更

2021年6月15日以降に適用される仕様変更後も、Rakuten Link同士のSMS送受信は引き続き無料。

ただし、相手がRakuten Linkを利用していない場合には、iOS標準のメッセージングアプリを利用する仕様に変更となるため、国内宛のSMS送受信、海外の電話番号宛のSMS送受信共に料金が発生する。

特に注意が必要となるのは、国内↔海外番号でやりとりするSMSの送受信で、これまでは自分がRakuten Linkを使っていれば、66の国・地域宛のSMS送受信が無料だったものの、6月15日以降は海外の電話番号宛のやりとりには1通(最大70文字)100円の料金が発生する。

■送受信相手がRakuten Linkを使っていない場合のSMS送受信料金
UntitledImage

Rakuten Linkの仕様変更に先立ち、楽天モバイルでは、2021年4月30日よりAppleのiPhoneを正式に発売している。楽天モバイルは、iPhoneの取扱にあわせて、楽天モバイルの全機能(緊急地震速報や緊急通報時の高度な位置測位など)をiPhoneでも利用可能とした。

今回発表されたRakuten Linkの仕様変更は、iPhone(端末)側から見れば、相手側がRakuten Linkを使っていない場合にはOS標準の機能で音声通話やSMSを送受信するため、端末標準機能を優先する目的での仕様変更と言える。

一方、Android向けのRakuten Linkについては仕様変更の影響を受けない。Rakuten Linkを使った音声通話やSMSを多用している場合は、iOS搭載デバイス(=iPhone)ではなく、Androidスマートフォンを使うのもアリ。

楽天モバイルのサービス紹介・申込は以下にて。