何をすべきであるか。何をすべきでないか。

高校時代から、授業の大部分を選択して、自ら選んだ授業を履修する。
というちょっと変わった高校に所属していた。

自分で選択したのだから、責任持ちなさいよ。
というのが母校の理想なのだけれど、そんな授業選択に悩める生徒を前に、ある教員が言った。

『選択するということは、選択しない事でもある。』

至極当たり前であり、面白くともなんとも無い言葉なんだけど、いつまでたっても頭を離れないのはなぜだろう。

特に自分が何をすべきか・どうあるべきか迷ったときに、この言葉が頭を巡る。
あまり考えてばかりいても、行動(結果)に移さなければ意味は無い事は理解しているのだけれど…。