docomoのパケット定額が階段つきに

docomoのパケット定額プランに、これまでの一律の料金ではなくauやSoftBankと同様に、基本使用料は安くし、上限金額までは従量制で課金する『パケ・ホーダイダブル』が発表された。

気軽にパケット定額を利用できるという意味では、とりあえず加入しておけばパケ死する事はないから安心なのだけれど、既存のパケ・ホーダイよりも若干料金上限が上がったり、パケットパックだと余ったパケット通信料は無料通話に割り当てられるけれど、パケ・ホーダイダブルでは割り当てられないなどのデメリットもある。

一応ケータイ業界にいる僕でさえ、『複雑だなぁ…。』と思うのに、それほど料金プランに詳しくない人たちにとっては、デメリットはあまり意識されず、これまでよりもパケット定額に安く入れるという点が大きく映るんだろうな。。。

今後はパケ・ホーダイ及びパケットパックの新規受付は停止されるので、このプランがメインになっていくのでしょう。既存のパケ・ホーダイやパケットパックの契約がしばらく併走するからかもしれないけど、料金プランがわかりにくくなってなんだかんだ高くなってる!!ってのは、今までのdocomoらしからぬ戦略だなぁと思ってみた。

それはさておき、嫁のパケットパックの乗り換えを検討するとしよう。
ちなみに僕は毎月コンスタントに100万パケットくらいを消費するので、今のところ変更の予定はない。