WiFiRouterをVer 1.2にしてから繋がりにくくなった

スポンサーリンク

iPodtouch + EMONSTER(WiFiRouter)でiPhoneモドキな生活を楽しんでいる方は少なくないと思う。(iPhone 3Gの販売台数よりは少ないだろうけど)

そんな中、WiFiRouterが先日バージョン1.2にバージョンアップされて、UIがかっちょよくなったり、接続設定がわかりやすくなったりと改良がされているんだけれど困った点が一つ。

iPodtouchを一度スリープにすると、次回以降接続時にネットワークをRenewしたり、最悪iPodtouchの電源を一度落とさないと繋がらない。

再起動すると何も問題なく繋がることから、恐らくiPodtouchとEMONSTERの接続に関わる設定の問題だとは思うが、何が原因かは特定できていない。

そんな中、日本での販売を行っているpocketgamesに、問題解決の参考になりそうな情報を発見した。

どこでもホットスポット!WMWiFiRouter|商品詳細

クライアント: iPod Touch(”Use DHCP allocator”をOFFにするか、static IP configurationを使わないと駄目という報告もあり)、 Nokia N800、Windows、Linux、Mac、SlingBox(ポート5001をマッピングする必要があるとの報告あり)

という記載があったので、Ver 1.2でデフォルトONになっている(以前のバージョンでどうなっていたかは忘れた)、DHCPのallocatorをOFFにして今日一日試してみる事にする。

2009年1月15日 追記
結局のところ1.2にしてからは安定稼動しないので、1.1にダウングレードして使っている。