らくらくホンの価格設定は異常に高い気がする。

スポンサーリンク

義母のケータイ(SINPURE)を買い換えようという話になって、特に最新機種じゃなくてもokということだったので、らくらくホンをメインターゲットと設定して、連休中に新宿のヨドバシを覗いてみた。

でビックリしたのが端末価格。
らくらくホンシリーズ最新の『らくらくホンV』は一括価格で40,000円は下らない価格になっていた。

ハイエンド機種とさほど変わりない価格になっているので、価格と性能のバランスを考えると、ハイエンド機とらくらくホンの間にものすごい大きなギャップ。

らくらくホンを使うようなユーザーが、わざわざケータイ端末にそんな大金を支払うんだろうか??どうせ大した機能を使わないのであれば、もっと安価な原価で端末作れるんじゃないだろうか??

などなどと考えてしまった。

どうせ最新機種でなくてもかまわないのであれば、らくらくホンの型落ちを白ロムで入手した方が安く済むなぁ…。

競合する端末が少ないからというのが大きな理由ではあると思うけれど、あの価格帯の端末が一番売れているってのは驚いた。