QWERTYキー搭載のメモ専用端末『ポメラ』

スポンサーリンク

キングジム、折りたたみキーボード搭載のメモツール「ポメラ」(ケータイWatch)

17mmのキーピッチのQWERTYキーボードを備えた、テキスト入力専用マシン、『ポメラ』の発売が発表されている。発売元はキングジム。

起動にかかる時間は2秒。単4アルカリ乾電池2本で駆動し、動作時間は約20時間。バックアップ電池としてコイン電池(CR2032)が必要となる。USBケーブルでパソコンなどから電源を供給できる。

乾電池で動作し、起動にかかる時間は2秒。
というまさにモバイル仕様な端末。

FEPにはATOKを備えるなど、入力環境へはこだわりを感じる。が、、、本当にテキストの入力・メモにしか使えない端末なので、そこがダメだと本当に使い道が無くなってしまう。(カレンダー機能はあるらしいが…)

EeePCなど『持ち運び可能で低価格』なミニノートPCが盛況をおさめている中で、『文字入力しか出来ない端末が』発売される背景には、フルキーボードが装備されていて、キーボードで即座に起動して、必要なときにメモを撮る。というニーズをPCやその他スマートフォンが満たせていない。という事になる。

個人的にはそういうニーズを満たす製品が発売されることはとても有難いんだけれど、商業的にはマーケットが小さすぎて採算が合わないんじゃないかと思われて、この製品が早々に提供終了とならないか心配。

同じような用途のコンセプトとしては、以前ウィルコムからEメールマシンなるものが展示されていたが、果たしてこちらは発売予定はあるのだろうか。

『ポメラ』のネーミングは、pocket memorizeから来ているのかな。