WILLCOM『スペシャルモデル』の不公平感。

ウィルコム定額プランが通常2,900円のところ、月額980円で使える、nico.スペシャルモデルが、ウィルコム社員ブログで取り上げられている。

このスペシャルモデル、新規契約者を増やす策としては、料金プランの競争力もあって良さそうではあるものの、既存ユーザの自分としては手放しに応援できない。

新規契約 -2,900円/月 (最大-69,600円)
機種変更 -980円/月 (最大-23,520円

二年間での割引額、その差46,080円…。
『新規契約』か、『機種変更』かでこれだけ差を出してしまうって、それだけ新規ユーザが優遇されていて、新規ユーザを獲得するための原資は既存ユーザから徴収しているわけで、なんとなく不公平感を感じざるを得ない。

新規の契約者が増えて、ウィルコムユーザが回りに増える(かもしれない)事によって、通話定額対象者が増える事が、既存ユーザにとってのメリット。と言われてもどこの誰だか知らない方々が加入しても意味がないわけで、やはり自分が連絡する人が定額対象にならないと。。。

やはりここは現行の回線を解約して、リアルインターネットオプションなどをつけるにしろ、ウィルコム定額のみで運用するにしろ、nico.スペシャルモデルで契約するのが正解かな?

今の回線の利用期間が短かったら、まず解約⇒新規契約してるだろなぁ。