なぜケータイ代は 全国一律なのか?

スポンサーリンク

ケータイ代(月々の使用料)は、日本全国どこで契約しても同じ料金が設定されているけれど、実際にインフラとして見た場合、首都圏と過疎地域ではカバーされるエリアだったり、通信インフラの速度だったりが異なるわけで、にも関わらず全国一律で料金が一緒。と言うのは、公平な負担ではないように感じてもいる。

首都圏に住んで首都圏で働く生活をしている身としては、その不公平な負担がゆえに自分の負担が抑えられているという事を考えると、ちょっと複雑。

ただ、じゃあインフラが乏しい地域で契約すると安くなるとかって制度にすると、その地域で契約したケータイを首都圏に持ち込んで使うと言うような抜け穴的な方法はいくらでもあるわけで、良い代替案が見つかっているわけではない。

そもそも数年前って、地域によって料金プランにも差があったんだっけ??(あったとしても不思議ではない)

コメント

  1. しまじろ より:

    >>がおぴこさん
    やはりそうでしたか!
    昔の(?)話はあまり知らなかったので、勉強になりました。ありがとうございます。

  2. がおぴこ より:

    idoやらj-phoneの時代は地域ごとに違って
    大阪で契約すると安いとかってありましたよね。