Bylineの利用とその課題

スポンサーリンク

GoogleReaderで情報収集する僕にとって、iPodtouchで一番重要なアプリケーションはByline。

Bylineに出会うまでは、はてなアンテナ+はてなブックマークの組み合わせで情報収集&管理を行っていたけれど、Bylineに出会ったのと、GoogleReaderを使うときはメインブラウザのOperaではなく、Chromeを使うようになって、情報収集がかなり効率化された。

Bylineは記事をオフラインにキャッシュするので、一度記事を取得すれば、あとは圏外でも閲覧することが出来るので実際に閲覧しているときは圏外でも構わないし、通信が不要なのでサクサクと記事をチェックできる。まさに電車通勤の強い味方と言える。

Bylineを使うようになった代償としては、それまで通勤時は電車内で本を読んでいたんだけれど、Bylineを使うようになってからは、本を読む機会が無くなって、情報源がウェブからのみに限定されるようになってしまったこと。

インターネットからの情報収集は、興味のある情報の収集は極めて効率的に行えるけれど、一見するとノイズの様な、違う分野の情報と出会う機会を作るのが、難しくてその辺のバランスをどうやってとっていこうか。というのが今の課題。