WiFiSnapがバージョンアップしていた。

スポンサーリンク

アドエスやWILLCOM 03を無線ルーター化する『WiFiSnap』が、5/21付けでバージョンアップされていた。

公式サイトのバージョンアップ情報によると、変更点は以下。
修正履歴(WiFiSnap)

1) 無線LANルータ化による接続の際の通信速度を改善しました。環境にもよりますが2~30%改善され、W-SIMでの最大速度に近い値を出せるようになっています。

2) ルータの自アドレス初期値を”169.254.2.1″から”192.168.2.1(標準ローカルアドレス)に直しました。既にインストール済で上書きインストールの場合は変更されません。
新規インストールの場合、および、[プロパティ][IP基本]で[全て初期値に戻す]を押した場合に新しい値となります。

3) 新規バージョン公開時の自動通知機能新しいバージョンが公開された際に、メッセージを表示する機能を追加しました。
省略値で、メッセージ表示が行われます。
表示の必要が無い場合は、[メニュー]→[バージョン情報]にて、当該チェックを外してください。

ふむふむ。スループットの改善はちょっと興味深いなぁ。
実は試用版を使ってから有料版を購入してない(ライセンスの制限事項が理解出来てないので)んだけど、ここらでサクっと買った方が良いのかなぁ…。

ちなみにライセンスで理解出来てないのは、自分が所有している別のW-SIMまたは別のW-SIMジャケットで使おうとするとNGなのか?とかその辺。

WiFiSnap 利用規約によると、

2. シリアルIDをご購入頂く事で、ひとつのシリアルIDについて、ひとつの端末装置での期間制限の無いご利用が可能となります。

とだけ記載されており、W-SIMを含めた『端末装置』なのか、ジャケットだけを指して『端末装置』なのか良くわからない。(厳密にその辺の区別はせずに、使えるようになっているのかも?)
ご存知の方いらっしゃいましたらコメント頂ければたいへん有難いです(^ ^)