FOMA網のMVNOサービスはどれがお得?

日本通信がAndroid開発者向けにプリペイドSIMのみの販売を実施
という面白いニュースが出たのをきっかけに、FOMA網をMVNOして提供しているサービスについてまとめてみた。
#前提としてこのプリペイドSIMが、Android端末以外でも動く前提でモノを考えているので、ご了承ください。

事業者 サービス名称 販売場所 料金 備考
WILLCOM WILLCOM CORE 3G WILLCOM STOREなど 端末代
22,680円

月額費用
945円~6,930円(PRIN代含)

契約期間は2年更新。
WVS割引が945円/月適用
日本通信 b-mobile3G hours150 Amazonなど 34,314円 端末代+150時間分の通信料込み。
有効期限は480日。
日本通信 bモバイル ドッチーカ Amazon
など
12,876円 端末代+500分の通信料込み。
有効期限は90日。
日本通信 Android開発者向けチャージ済SIMパッケージ 日本通信など 8,400円 500分の通信料込み。
有効期限は90日。

結論として、毎日一定以上利用するならWILLCOM CORE 3Gで、そうでもないならb-mobile系のサービスがコスト的には良さそう。

新しく発表された、Android開発者向けのデータ通信SIMは、料金的には『ドッチーカ』と同等の1分10円のサービスなので『b-mobile 3G』と比べると割安では無いけれど、イニシャルコストを抑えて、『どのくらい使うのか?』を把握するために契約してみるのは悪くなさそう。
なんにせよこういう選択肢が増えたのは良い事だなぁ(^ ^)