Windows Mobile6.5は10月6日より提供開始

スポンサーリンク

ニュースには出遅れてしまったけれど、自分のメモの意味もこめて。
Windows Mobileの最新版、『Windows Mobile6.5』が10月6日より提供開始。と発表があった。

米マイクロソフト、Windows Mobile 6.5は10月に登場と発表(ケータイWatch)
Windows Mobile6.5は、『Windows Market Place Mobile』をプリインストールしていたり、新サービス『My Phone』(現在ベータ提供中)が搭載されるなど、機能強化が施されている。

個人的にはタッチ操作が好きではないので、タッチにに重きを置いたWindows Mobile6.5へさほど期待はしていないものの、多数のメーカーから多種多様な端末が出て競走が起きるのは、いちユーザとして大歓迎。

マイクロソフトのリリースによると、アジア太平洋地域で名前の挙がっている会社は以下。
#日本のキャリア名を太字にしてみた。
Microsoft to Deliver New Generation of Windows Phones on Oct. 6

In Asia Pacific: Mobile operators NTT DOCOMO Inc., SOFTBANK Mobile Corp., SK Telecom, Telstra and WILLCOM Inc., and phone manufacturers Acer Inc., HTC, LG Electronics, Samsung, Sony Ericsson and Toshiba

今のところ日本のキャリアでアナウンスされているのは、docomo、SoftBank、WILLCOMの3社。(メーカーでは東芝の1社)
docomo、SoftBankは引き続きHTCからの端末供給を受けることが予想されるし、docomoは先日Samsung製のスマートフォンを投入予定。とアナウンスがあったので、秋冬モデルぐらいから発表があるんだろうか?東芝については国内向けに提供されるのか不明だけど…。

毎年W-ZERO3に新モデルを提供しているWILLCOMは、やはり今年はWindows Mobile6.5なW-ZERO3端末を投入する?
イー・モバイルは名前が挙がっていないけれど、htc製のスマートフォンを投入するんだろうなぁとか、EM・ONEの後継機って出ないかな?とか…。

各社から公式の情報は出ていない段階ではあるけれど、色々と妄想するのは楽しいです(^ ^)