モバイルホットスポット製品の比較

スポンサーリンク

『モバイルホットスポット』とでも言うべきか、3GなどのWAN回線を無線LANで共有する製品が数々発売されている。

普段から拝見しているブログの以下のエントリで、ちょうど比較がされていたので、それを元に比較表を作成してみた。

無線LANモバイルルーター(ぽたモバ)

製品名 MiFi 2352 PHS300 クティオ どこでもWi-Fi
メーカー名 NOVATEL WIRELESS Cradle Point NetIndex ウィルコム(バッファロー)
サイズ(mm) 98×62×15.3 122×73×18.5 100×65×21.8 110×70×31
重量(g) 82 104 130 260
価格 ¥35,700 ¥12,980 ¥15,800 ¥28,800
販売元 pocketgamesなど Amazon.comなど

Amazon.comなど
WILLCOM STOREなど
通信速度最大 下り 7.2Mbps
上り 5.7Mbps
データ通信カードに依存 データ通信カードに依存 W-SIM依存
(最大204Kbps)
データ通信 端末自体が行う データ通信カードに依存 データ通信カードに依存 W-SIMが行う

※NTT-BPの『Personal Wirless Router』はスペースの都合割愛

個人的には、ルーターのほかに、さらに別途データ通信カードを用意して接続しなければならないのは運用面で負荷が大きく、極力通信もルータ自身が行ってくれる方が望ましいし、同様の理由で今はイー・モバイルのTouch Diamond + WiFiRouterだったり、WILLCO + WiFiSnapの組み合わせで運用している。
(例えば、ルーターとデータ通信が切り離されている事で、データ通信カード側を新しくするだけで速度が向上する。という点はメリットではあるけれど)

今一番気になっているのは、

・無線ルーター自体が通信機能を持つ
・定額通信が利用可能
・ネットワークはdocomo

の条件になる、

MiFi 2352 + WILLCOM CORE 3Gの組み合わせ(^ ^)