auのメール + 指定通話先無料と、ウィルコム定額プラン

スポンサーリンク

昨日はauから2009年秋冬モデル発表があった。詳細は以下のリンクを参照。

au、2009年秋冬モデルを発表(ケータイWatch)

個別の端末の紹介は割愛して、今回発表された新料金プラン『ガンガンメール』についてまとめてみる。

『ガンガンメール』は他社向けのメールも無料な、メール定額の新料金プラン。
既存の契約のオプションプランでは無いので、『ガンガンメール』単体で契約が可能。
月額料金の最低金額は780円/月(別途、EZWEB契約の315円/月は必要)と、結構チャレンジングな料金プランに思う。

この料金プランと、指定の3件のau携帯の通話料が定額になる『指定通話定額』を組み合わせた場合、

ガンガンメール:780円
EZWIN利用料金:315円
指定通話定額:390円
――――――――――――
合計:1,485円/月

の料金で、

・他社宛のメール送受信が定額
・au携帯電話の指定3件までの通話が24時間無料
・家族間の通話、Cメールが無料(家族割加入の場合)

となる。
メールはたくさんするけど、通話する相手は限られている。
というような用途(まさに僕がそうかも)にはうってつけか。

この組み合わせの月額料金は、WILLCOMの主力料金プラン、『ウィルコム定額プラン』の下限の金額2,900円/月のちょうど半分ぐらいの金額になる。

『ウィルコム定額プラン』と、auの上記料金プランの組み合わせの違いは、通話定額の対象が、『指定のau携帯電話3件』(auの場合)になるか、『WILLCOM同士なら無料』(WILLCOMの場合)になるかの違いになる。
#端末面での選択肢とかの話を置いとくと

他のケータイキャリアと比べて、WILLCOMの加入者はかなり限られる事を考えると『WILLCOM同士なら無料』というメリットはどうしても薄れてしまうわけで、auは既存の契約者数が多いというアドバンテージをうまく活かしているように思う。

本当なら『ガンガンメール』みたいな料金プランは、WILLCOMの『Eメールマシン』(参考出展された際の記事)と合わせて、WILLCOMが出してくれればなぁ…。

と、ここまで書いたところでWILLCOMには『オプション メール放題』という、他社当てもメールし放題プランが以前から提供されている事を思い出した。こおれ、いつ頃だったかな?
と思って調べてみると、なんと2003年4月からという事が解る。

当時のこの料金プランに合わせて、メール特化型の端末とかあれば面白かったのになぁ…。