PrimoPDFで余分な余白が表示されるのを防ぐ設定

スポンサーリンク

各種のドキュメントをPDFに変換するフリーソフト、『PrimoPDF』を便利に使わせて頂いているんだけれど、PrimoPDFでPDF化したパワーポイントに、余計な余白が含まれてしまうので、何とかならないかと調べて辿り着いたのが以下の情報。

PrimoPDF側の印刷(変換)設定を変更する事で解消が出来るとのこと。

PrimoPDFでPowerPointファイルをPDF化する際に余白を消す方法(freeml)

ここで、「PrimoPDF 詳細なドキュメントの設定 > 用紙/出力 > 用紙サイズ」で「Postscript Custom Page Size」を選ぶ。
「Postscript Custom Page Size Definition」というダイアログが開かれるので、「Unit」をMillimeterにして、「Custom Page Size Dimensions」で、さっきのスライドのサイズの縦横を入れ替えた Width: 190.50 、Height: 254.00 に設定する。
なぜ入れ替えているかというと、Powerpoint は横長の用紙であっても印刷内容を90度回転して印刷しようとするため。

早速試してみたところ、かなり元のパワーポイントに近い形でPDFに変換する事が出来たので満足(^ ^)