ROWAバッテリ使用上の注意がけっこう親切

いつの間にかAmazon経由でも購入できる(かつ送料無料)ということで、各種デジモノの互換バッテリの販売を行っている『ロワジャパン』にお世話になる事が最近増えている。

当然自己責任にはなってしまうけれど、純正のバッテリーの半額以下程度で購入できる事が多いのが魅力(^ ^;

今回、旅行にあわせてCX3用に購入した互換バッテリも870円(送料無料)と、純正で買うよりもかなり安くゲットする事が出来た。

RICOH CX3 のDB-100対応バッテリー(Amazon)

で、Amazon経由で購入していた商品の発送通知メールに、バッテリの運用方法に関する注意があって、結構参考になる内容だったので転載させて頂く。

★★ロワ太郎のバッテリ使用習慣★★★
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
×)バッテリーが届いてから、そのまま放置
◎)バッテリーが到着後、すぐに満充電をし、普通の使用で残量が空になるまで使用、その後、再度満充電。この充放電の繰り返しを3回~5回する。

×)旅行や運動会などの使用機会がないので引き出しに長期間保管
◎)二週間に一度は取り出し、ご使用なさるのがベストです。1ヶ月以上使用しない場合はバッテリーの性能維持の為に、30~40%程度の充電残量状態で本体から取り外し、冷暗所に保管してください

×)オリジナル(純正品)を使い切ってからロワのバッテリーを予備で使用
◎)オリジナルとロワのバッテリーをお持ちの場合は、交互で使用すること。バッテリーは長期間使用しないと、バッテリー内の化学反応がなくなる可能性があります。

×)バッテリーをカメラに入れたままで保管
◎)バッテリーを本体に取り付けておきますと、本体の電源が切れた状態でも少しずつ放電されます。この状態が長期間(数ヶ月以上)続くとバッテリーが過放電状態になり、性能が劣化する可能性があります。

×)車の中にそのまま置くこと
◎)炎天下の閉め切った車内など湿度の高い場所でバッテリーを保管しますと、劣化が進み、膨張などの危険があります。バッテリーは10~30℃の場所で保管して下さい。

×)旅行前夜、寝る前にベットのそばのコンセントに充電器を差し、 不安定な場所で、寝ている間に充電
◎)周りに何もないところで、状況を確認しながら充電してください万が一、ご使用方法の誤りによってバッテリの落下、温度の高い場所での保存等で発熱、発火が起きた場合、火災になる恐れがあります

×)商品の調子がおかしい?自分で修理加工してみる
◎)商品を分解、加工した場合、保証対象外となり、また危険が起きる可能性もございますので、まず弊社にご連絡ください
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

上記の内容にもあるように、純正バッテリが切れた時の予備として使うよりも、

純正バッテリ ⇒ ROWAバッテリ ⇒ 純正バッテリ

というように、ローテーションしていく方が良いらしい。
*これは何もROWAバッテリに限ったことじゃなくて、バッテリ全般に言えることだと思うけど。

バッテリーをローテーションする事を前提に考えると、ケータイなどの本体が充電器の役割を果たすものよりも、デジタルカメラなど、本体とは別に専用の充電器があるタイプの方が、使わない方のバッテリは充電しながら、本体は別のバッテリで利用する事が可能なので相性が良いなぁ…。