投売りにつられて購入したPocket WiFi SとかDell Streakの使い道

スポンサーリンク

今年に入って、『つい買ってしまったデジモノ』の代表は以下の二台。

(1)一括0円で投売りされてたイー・モバイルのPocket WiFi S(S31HW)
関連エントリ:Pocket WiFi S(S31HW)を購入! | shimajiro@mobiler

(2)一括4,800円で投売りされてた、SoftBankのDell Streak(001DL)
関連エントリ:Dell Streakを新規一括 4,800円で購入してきた | shimajiro@mobiler

で、どんな風に使えるのか?使い道があるのか?という当たりはやっぱり実際に買って使ってみなければ解らない。という事も多くて、この二台もサブ的な位置づけではありながらも、『あると便利』に使う事が出来ている(^ ^)

Pocket WiFi S(S31HW)はAndroid端末として使うことはほぼ無くて、基本的にはテザリングでの利用のみの位置づけ。回線は、イー・モバイルではなくて、b-mobile SIM U300を使っている(^ ^;

というのも、Android端末で言えばDesire HD(SIMフリー)を中心に利用する環境が整っているので、わざわざPocket WiFi SをAndroid端末として利用する事にあまり意味は無いので(^ ^;

Pocket WiFi Sは『普段はAndroid端末としては使わない』ので、利用頻度が低く、ついつい充電するのを忘れてしまい、使いたい時にバッテリが空。
という事をよくやってしまっていたので、最近は機内モードをON/OFFするウィジェットを利用して、『基本は機内モードで待機』で運用する事にして、テザリング(またはその他の用途)で利用するときだけ機内モード解除 ⇒ テザリングONにする事にして利用している。

Dell Streakは、購入する前に既にGalaxy Tabを持っていた状態で、『7インチのGalaxy Tabあるのに、わざわざ5インチ必要?』と思っていたのだけれど、5インチで端末サイズが薄いDell Streakは『世界最小のタブレット』と呼べるだけあり、普通にケータイを収納するポケットなどに収める事が出来るのがポイント高い。

Dell Streakと比べると利用頻度ではずっと高い、4.3インチ液晶のDesire HDと比べても、Dell Streakの画面の広さは『かなり広い』と感じていて、PCサイトの閲覧だったり、画像を見る際にはDell Streakの大画面はかなり便利(^ ^)

また、操作性の面でも、Galaxy Tabのゴリラガラスをタッチして操作するよりも、Dell Streakの方が操作性が良いように思っていて、使い道さえ見出せれば、結構面白い端末。という事が最近になってわかってきた(^ ^;
Galaxy Tabの操作性の比較は何と表現したら良いのか解らないのだけれど、Dell Streakの方が『画面が軽く沈んで』操作が出来るようなイメージで、より直感的に操作できる感じ。
*液晶保護シートの種類の問題かもしれないけれど、Galaxy Tabのディスプレイは硬度が硬すぎるような感触がある。
⇒完全に忘れていたけれど、Dell Streakもいわゆる『ゴリラガラス』だった(^ ^;

と言う訳で、思いがけず購入した2台だけれど、意外に色々便利に使えている二台でした(^ ^)