iアプリ向けのOpera Mini 6βがリリースされている

iアプリ向けでは初となる『Opera Mini 6β』がリリースされている。

ダウンロードはiアプリストアから。
Opera Mini 6β(ドコモマーケット アプリストア)

簡単に触ってみたところ、Android/iOS向けに提供されているOpera Mini 6βと基本的には同じ操作が可能で、動作速度もそこそこ速いので、他のプラットフォームでOpera Miniを使った事のあるユーザなら、迷わず操作する事が可能(^ ^;

タッチパネルには非対応だけれど、基本的には『Opera Mini』にも対応しているので、PCなりAndroidなりでOperaを使っている場合、スピードダイヤルなりブックマークを同期する事が出来て便利かと。
*スピードダイヤルは同期されたけれど、ブックマークは同期されない…?この辺の挙動は謎。

ブラウザとしての閲覧方式も、アプリケーション本体側でレンダリングするのではなくて、Operaの中間サーバがレンダリングしてOpera Binary Markup Language(OBML)に形式に変換したデータを、アプリケーション(Opera Mini)側で受け取って表示するという方法で、これも他のプラットフォーム向けのOpera Miniと同様。

ただ、解像度はQVGAを無理やり拡大しているような感じで、VGA以上の解像度には最適化されてないような感じなのはちょっと残念。

Opera Mini 6βが使える端末としては、既にAndroid端末なりiOS対応端末を持っているので、個人的にはiアプリ対応した事で特に嬉しい!という事も無いのだけれど、Opera Miniの登場以降、iアプリ版など国内ケータイ向けのアプリとしては一切提供されていなかったOpera Miniがこのタイミングで登場したのは個人的には意外。

今回のiアプリ向けのOpera Mini提供はOpera単独での開発ではなくて、ポーティングの部分で別会社と連係して提供を行っているらしく、iアプリストア上に登録されている開発元はOpera社ではなく、(株)イーフローで登録がされている。

eflow Inc. | 株式会社イーフロー

Opera Mini 6βは『※2011年10月末までの期間限定です。』と書いてあって、これがDL可能期間なのか、サービスとしての利用期間なのか詳細は謎だけれど、永続的な提供ではなくて、あくまでも期間限定の位置づけとのこと。

各種画面は以下のような感じ。

Menu開いたとこ
設定画面
Google検索結果
Yahoo!開いたところ
Yahoo!ズームアップ
Operaについて

コメント

  1. hisano より:

    iアプリ版Opera Miniの開発者です。

    > ポーティングの部分で別会社と連係して提供

    ポーティングではなく、イーフローで開発したMIDPアプリをそのままiアプリに変換する技術を使って実現しています。スピードダイヤル等々、被災地向けにカスタマイズは入っていますが、元々のOpera Miniのソースコードには手を加えずにiアプリ化しています。

    > タッチパネルには非対応だけれど

    今回被災者の方々の情報入手の一助になればと思い、できる限り早くリリースできるように取り組みました。社内のバージョンではタッチパネルにも対応しているのですが、テストの時間を短縮させるために泣く泣く幾つか機能を制限しています。

    > 『※2011年10月末までの期間限定です。』

    11月以降の方針についてはまだ決まっていません。震災支援ということで上記の変換技術を特別条件でOpera社に提供しています。そのため、期間限定となっています。申し訳ありません。

    • shimajiro より:

      >>hisano

      コメントいただきありがとうございます!

      > ポーティングの部分で別会社と連係して提供
      なるほど。ポーティングというよりコンバートなのですね。

      タッチパネル非対応の点および、提供期間の件は承知しました。