MacBook Air平日は電源アダプタを持ち帰らずに運用中

スポンサーリンク

MacBook Airを職場と自宅で利用しているけれど、平日は電源アダプタを持ち帰らずに、職場に置きっぱなしにして、自宅では本体のバッテリー運用のみで利用している。

使用しているMacBook Airは11インチモデルなので、13インチに比べるとバッテリー容量が小さいけれど、それでも連続4時間近くはバッテリーのみで動作するし、MacBook Airを触っていない時はディスプレイを閉じるだけですぐにスリープに移行してバッテリー消費を抑える事ができるので、日中は仕事をしている平日であれば、帰宅後それほど長くMacBook Airを触る時間も無いので、バッテリー運用だけで十分だったりする(^ ^;

本当は、自宅用&職場用の電源アダプタがあると便利ではあるんだけれど、純正品のApple Storeでの販売価格は6,800円となっており、値引き販売されているAmazonでも4,000円を超える値段となっていて、少々お高い…(^ ^;
Apple MagSafe 電源アダプタ (45W) MC747J/A(Amazon)

自宅 ⇔ 職場を毎日持ち運んでいるMacBook Airだけれど、スリープへの移行/復帰が速くて『使いたいときにサクっと使える』だけでなく、ハードウェア的にも必要十分なスペックを備えていて、ストレス無く使う事ができているので、かなり満足している(^ ^)

モバイルにちょうど良いノートPCが、10万円前後の値段買えるようになるなんて、このカテゴリのノートPCの価格帯が高かった数年前までは信じられなかったなぁ…とかそんな事を考えたり。
Apple MacBook Air 1.6GHz Core i5/11.6/4G/128G/802.11n/BT/Thunderbolt MC969J/A(Amazon)