Dropboxの画像自動インポート機能が便利!!

スポンサーリンク

オンラインファイル共有サービスのDropboxがβ機能として公開している、SDカードやUSBメモリの画像の自動インポート機能が結構便利で気に入っている。

Dropboxの最新β版のダウンロードは以下より。
(2/16) – Experimental Forum Build – 1.3.17 « Dropbox Forums

最近の画像管理方法としては、デジカメで撮影した画像は、
Eye-Fiで撮影 ⇒ 全部Picasaにアップロード ⇒ イベント毎にアルバムの作成
という流れで管理している。

この方法は『撮影した画像を閲覧する』という目的においては特に問題無いのだけれど、『Blogなどにアップロードするために編集する』という用途では、それぞれが単一のファイルとして扱えた方が都合が良くて、『単一のファイルとして画像を扱う』という用途に、Dropboxの画像自動インポート機能が非常に便利(^ ^)

画像自動インポート機能に対応したDropboxをインストールしてあるPC(僕の場合はMacBook Air)にSDカード等を挿したら、自動的にDropboxの『Camera Uploads』フォルダ画像がインポートされて、インポートが完了したら自動的にアップロードが開始される。

アップロードが完了後、それぞれの環境でダウンロードが終われば、Dropboxをインストールしてある端末間で画像を参照する事が可能になり、画像1枚1枚を単一のファイルとして、各端末から参照/編集する事が可能になる。

この時の挙動として、
SDカードの画像をローカルにインポート ⇒ インターネット経由でDropboxにアップロードする

という流れになるのだけれど、前者の『SDカードの画像をローカルにインポート』さえ終われば、SDカード自体は取り外す事が可能なので、アップロード自体には時間がかかったとしても、その間カメラからSDカードを取り外した状態(画像撮影が出来ない状態)で待つ必要が無くて、その辺の使い勝手が良いあたりも、お気に入りの理由(^ ^)

Picasaでの画像保存に加えて、Blogへの掲載用にDropboxを使った画像アップロード機能を使う事で、とりあえず『画像をどうやって管理するか』という問題は解決する事ができそう。
*欲を言えば、自動インポートする際に画像サイズの変換までやってしまってくれると、『Blogアップロード用』に画像を保管する用途としては有難いのだけれど…(^ ^;

Dropbox – オンラインファイル同期ツール
*上記リンクから登録すると、通常無料で利用出来る2GBに+250MBのボーナスがつきます。(オイラにも)