IIJ ミニマムスタート128プラン ファーストインプレッション

スポンサーリンク

Xiに接続可能ながら、最大通信速度は128kbpsに制限されているという、非常にユニークな『IIJ ミニマムスタート128プラン』に申込みを済ませており、先日SIMカードが到着したので早速Xi対応端末にSIMカードを挿して使ってみた。

■申込みからSIMカード受領までの日数
申込:2/28(火)
受領:3/6(火)
⇒申込みから1週間ちょっとでSIMカードを受領できた。
もう少し早いかなと思っていたのだけれど、申込み受付開始だったから混んでたのかも(^ ^;

■利用環境
利用端末:GALAXY S2 LTE
プラン:ミニマムスタート128プラン

SIMカードを受領したばかりで、さほどヘビーに使ったわけではないけれど、利用開始当日に1時間程度触ってみたファーストインプレッションとしては『通信速度が最大128kbpsとは思えないほど快適!』というのが率直な感想(^ ^;

Twitterの利用は特に速度的に問題が無いように感じたし、Webサイトの閲覧についても待ち時間が少なく快適。とまでは決していえないけれど、そもそも『通信速度は遅い』という前提で考えていれば、思っていたよりもストレスを感じる事が無かった。

通信速度的に動画の閲覧などなどは無理だとしても、テキストを中心にしたTwitter、テキストメールの送信および、バックグラウンドでの各種データを同期するには十分に使えるように感じた。

当然、現段階ではユーザ数が少ないからという要素も多分に影響しているとは思うんだけれど、現状と同じような通信速度が得られるのであれば、継続して利用する価値が大いにありそうなので期待。

最大128kbpsという通信速度としてはかなり絞られているけれど、XiだけではなくFOMAのエリアでも通信を行なう事が可能なので、カバーしているエリアは地方でも広く『とりあえず繋がる』という事に対するコストパフォーマンスが非常に高いサービスと言えそう。
※まぁ『とりあえず繋がる』という意味では日本通信のb-mobile SIMプランAと価格はほぼ同じだけれども…。

IIJのミニマムスタート128プランとは逆に、『エリアはそれほど広くないけれど、通信速度が速い』というサービスの筆頭としてはUQ WiMAXなどがあげられるので、通信速度は期待できないものの、UQ WiMAXが圏外のエリアでの『とりあえずの通信手段』として利用するのも、さほど追加コストが高くなくオススメ(^ ^)

日本通信のイオン限定のb-mobile SIMプランAも契約中なので、使い勝手を検証しながら、少なくともどちらか一方は解約の予定…(^ ^;