iモード端末:交換後もSIMロック解除可能 手続きは店頭で必要

スポンサーリンク

docomoで正規にSIMロック解除済みのスマートフォンを紛失などによって新品に交換した場合、SIMロックが解除された状態で交換される。と言うことは以前のエントリに書いた通り。
ケータイ補償 お届けサービス:SIMロック解除済み端末はSIMロック解除状態で新品交換になる | shimajiro@mobiler

利用者としては、自分が購入した端末を一度SIMロック解除すれば、再度解除手数料を支払うこと無く、SIMロック解除済みで端末が利用可能になるので、細かいながらも、嬉しいサービス(^ ^)

スマートフォンについては、以前のエントリに書いたように手続き不要でSIMロックを解除する事が可能だけれど、iモード端末の場合を交換した場合は、端末の交換後にSIMロック解除の手続きを再度docomoショップ店頭の端末で操作する必要があった。
※SIMロック解除の手続き自体は必要になるけれど、再度ロック解除にかかる手数料などは無料

docomoショップ店頭で交換手続きをして受け取った場合は、その場で解除してもらえると思うけれど、交換端末を自宅に郵送等々にした場合については、docomoショップでのSIMロック解除手続きが必要になるので注意。

docomoのSIMロック解除は2011年の4月より開始されてまもなく1年になり、自分がこれまで解除したSIMロック解除した端末はGALAXY S2、F-09C、L-09C、GALAXY S2 LTE(二台)の累計5台になるけれど、この1年の間にどのぐらいのSIMロック解除が行われたんだろう…。

docomoのSIMロック解除で便利なのは、紛失などで端末を交換しても、交換前と同様にSIMロックが解除された状態で利用可能である事と、普段使っている端末をそのまま海外で利用可能な事。
逆に不便なのは、SIMロックを解除してもスマートフォン、iモード端末両方ともいわゆる『テザリング』での利用が出来ない点で、スマートフォンについては予想通り(APNが専用のAPNに切り替わるので)だったけれど、iモード端末でも利用が出来ないのは残念だった(^ ^;

docomoのSIMカードが刺さっていない状態については、テザリングのAPNも好きに変更出来たらいいのになぁ…。