URoad-SS10&WM3600R 休止状態でのバッテリ消費比較

URoad-SS10とWM3600Rの休止状態でのバッテリ消費を比較してみた。

■URoad-SS10とWM3600Rの休止状態でのバッテリ消費を比較

■検証環境
端末:URoad-SS10/WM3600R
方法:バッテリ残量100%の状態で休止状態にしたまま、端末を12時間放置する
※一応、WM3600Rの方が購入が早く、端末の利用期間も長かったので、バッテリは消耗している可能性もある。

■検証結果(12時間経過後のバッテリ残量)
URoad-SS10:96%
WM3600R:89%

■休止状態での連続待機時間(スペック値と今回の結果からの推定時間)
URoad-SS10:250時間/300時間
WM3600R:170時間/108時間

もともと、スペック値でURoad-SS10の方が50%近く連続待機時間が長いのだけれども、今回の検証でもURoad-SS10の方がバッテリ消費が少ないということがわかった。
※WM3600Rの方が購入から時間が経っているという点を差し引いても、URoad-SS10の方が待機状態のバッテリ消費は少ないと思われる。

とはいえ、どちらの端末も実測値で100時間を超えそうな連続待機時間はあるし、連続通信時間も9時間と長い点も含めて、十分実用的な範囲と言えるかなと(^ ^)