docomo:11/21よりXi向けのBISを提供開始

スポンサーリンク

BlackBerry FanSiteさんのエントリで知った情報。

11/21(水)より、Xi契約でもブラックベリーインターネットサービス(以下、BIS)の契約が可能になり、Xi契約でもBlackBerry端末がまともに使えるようになる事が期待できる。

『まともに』と言っているのは、従来よりBISを利用しない使い方(通話 + SMS + Wi-Fi経由利用)であれば、Xi契約でBlackBerry端末を利用する事は可能であったためだけれど、BISを使わないBlackBerryはBlackBerryの魅力が大幅減なので、事実上『Xi契約でもBlackBerryが利用可能になる』と言って差し支えないと言える。

docomoの契約約款の回線に関するお知らせは以下より。
契約約款の改正に関するお知らせ | 企業情報 | NTTドコモ

2012年11月16日 更新
<改正内容>
ブラックベリーサービスのXi対応

21日(水)から始まる、Xi向けのBIS提供開始は、
『契約上、Xi契約のSIMカードでBISが利用可能になる』
という事なので、既存のBlackBerry端末がXiの通信速度で利用出来るようになるわけではない点には注意が必要。

今後どうなるかは不明ながらも、現時点ではXi対応のBlackBerry端末の発売などもアナウンスされていないので、現時点でXiでBISが利用可能になる事の意味としては『BISが契約出来ないので、Xi契約に移行出来ない』という既存のBlackBerryユーザのXi契約への移行ハードルを低くする効果は、一定あるのかなと思う。

『一定』と言っているのは、端末購入を伴わないXiへの契約変更だけを行っても、FOMAの月々サポートの継続適用は出来ないし、現在行われている『Xiスマホ割』などのキャンペーンも『Xi対応端末の購入』が必要になるけれど、わざわざXi対応端末を購入してまで、Xi契約でBISを利用する意味があるのか?と言われると、なかなか微妙かなと思う。

BlackBerryの使用を、Xi契約に変更する事のメリットとしてはdocomo宛の通話が700円/月で定額になる『Xiカケ・ホーダイ』の契約が可能になる事があるけれど、Xiでは無料通話分が含まれる料金プランが提供されていないので、docomo以外への通話が多いユーザがFOMAからXiへ契約変更すると、通話料金が割高になるという事が起きる(これは、BlackBerryに限らずではあるけれど)

その他、考えられる可能性としては、データ通信契約でBISの契約が可能であれば、『プラスXi割』を適用させた状態でBlackBerryを利用可能になり、音声向けの料金プランより料金を抑えてBlackBerry端末を利用する事が可能になる。

この場合、適用されるパケット通信料金は、タブレット『以外』の端末の3,980円/月になるハズ(Xiデータプラン フラットにねんの場合)だけれど、そもそもデータ通信契約でBISが契約可能か不明なので、これはサービスが開始されてみないと何とも言えないかなと(^ ^;
※今のところの予想としてはデータ契約でのBIS契約も『可能』なんじゃないかと(期待を込めて)予想している。その場合、料金的にはFOMAよりも安くなるので、有り難いなと。