WM3600R ファームウェアバージョン 1.3.0が公開されている

スポンサーリンク

11月21日付けでWM3600Rのファームウェアが更新され、最新版としてバージョン1.3.0が公開されている。

WM3600Rの最新版ファームウェアについては以下より。

AtermWM3600R|ソフトウェア|ダウンロード|AtermStation

更新内容
1.セキュリティ向上のための対応を行いました。(詳細は、こちらを参照してください。)
※Aterm WiMAX Toolは最新バージョンをお使いください。古いバージョンの場合は、一部の機能が使えません。

2.公衆無線LANの接続性を向上しました。

3.クイック設定Webへ「らくらくQRスタート」機能のQRコードを表示する『設定用QRコードを表示』ボタンを追加しました。これにより無線のSSID、暗号化キーを出荷時の状態から変更した場合でも「らくらくQRスタート」機能をご利用いただけるようになります。

今回のアップデートは、機能的にはそれほど目立った機能は無いけれど、発売から10か月近く経過しても、ファームウェアのアップデートがあるのは嬉しいなと(^ ^)

WM3600Rのアップデートは、アップデートが公開された事が端末のLEDからわかる上に、PCを使わずにアップデートをする事が可能なので、アップデートに伴う非常に手間が少ないのは有り難いところ。

実際に、今回のアップデートも外出中に気付いてそのままスマートフォンからアップデートの操作(管理画面にログインしてアップデートの実行)を行ってみたけれど、特に手間に感じる事は無く、外出中にもカンタンにアップデートを行う事が出来る手軽さは嬉しい。

WM3600Rは使っていて特に不満に感じていない。と言えばその通りなんだけれど、逆に言うと飽きてきた。というのも正直なところではあって、そろそろ新しい端末が出たらな−。と思ってるんだけど出ないかなぁ…。