エアアジア・ジャパン:チェックインカウンターでのチェックイン手数料を無料化

スポンサーリンク

17日(月)よりCEOの交代を発表したエアアジア・ジャパンが、従来は有料となっていたチェックインカウンターでのチェックイン手数料を無料化する事を発表している。

エアアジア・ジャパンの発表の発表は以下より。
エアアジア | 最新情報 | より気軽に利用できるエアラインを目指して

2012年12月20日(木)AMより国内線カウンターでのチェックイン手数料1,000円を廃止いたします。(※システムの都合上、開始時間に多少の時間を頂戴いたします。) これにより、国内線・国際線全便においてお客様のご搭乗手続きに係るチェックインが無料で行えることになります。

ジェットスターやPeachはチェックインカウンターでのチェックインが無料となっていたので、競合他社に合わせて、チェックインカウンターでのチェックイン手続の手数料を無料にした形。

ユーザとしては手数料負担が無くなって嬉しいとも言えるけれど、チェックイン手続を人間が対応する事でのコストは、当然Webチェックインによるチェックインや、セルフチェックイン機によるチェックインよりも高いので、そのコストをユーザに負担してもらう。という従来の手数料設定がLCCの方針としては正しいと思っているので、手数料の無料化は個人的には少々残念だったりする。

また、エアアジアの国内線のチェックイン締め切りは、

セルフチェックイン機でのチェックイン:出発時刻の60分前まで受付
有人カウンターでのチェックイン:出発時刻の45分前まで受付

となっており、『出発時刻の60分前を切っても受付できる』という部分に、有人でのチェックインカウンターの価値があったけれど、今回の手数料無料化によって『出発時刻の45分前までに有人カウンターでのチェックインを済ませれば良い』と考える乗客が増える事で、結果的に運行に遅延が発生しやすくなったりする可能性が考えられる点は懸念。

エアアジア・ジャパンのチェックインカウンターでのチェックイン無料化に合わせて、LCC各社の国内線チェックイン手続についてのエントリも修正しましたm(_ _)m
LCC各社の国内線チェックイン手続に関するまとめ | shimajiro@mobiler