沖縄・那覇のXi下り最大100Mpbs対応エリアでスピードテストを行ってきた

スポンサーリンク

11月より全国の10都市の一部エリアで開始された、Xiの下り最大100Mbps対応エリアにてスピードテストを行うべく、GALAXY Note 2を持って沖縄・那覇でスピードテストを行ってきた。

那覇で行ったスピードテストの結果及び考察は、AppComingにて詳細が掲載されているのでリンクにてご紹介まで。

docomo LTE Xi下り最大100Mbpsサービス:フィールドテスト特集【6】沖縄県での測定結果レポート | 特集記事 | Android(アンドロイド)総合情報サイト AppComing(アップカミング)

沖縄県は、11月24日(予備調査)と12月1日にAppComingサポーターが、Xi100Mbps対応基地局2箇所に対して計3箇所での計測を実施した。

Xiの下り最大100Mbpsサービスは開始されたばかりで、ほとんどユーザがいない状態でのスピードテストではあるけれど、実際にサービスが開始された後の商用環境で下り最大78Mbpsを記録したのは驚き。

ただ、同じくスピードテストを行った中では、実測で90Mbpsを超える速度を記録したポイントもあったので、那覇でのスピードテストも、よりスピードが出やすい場所を探せば、より速い速度を記録した可能性は十分考えられるので、次回また機会があったらチャレンジしてみたいなと。

今回は那覇の他、徳島でも下り最大100Mpbsエリアの他、徳島県内のXi 10MHzエリア(下り最大75Mbpsエリア)でスピードテストを行ったけれど、Xi契約数の爆発的な増加によって、都心ではXiの通信速度が以前に比べてかなり落ちてきてしまっているのと比較すると、かなり快適な通信速度を記録していたし、スピードテストの結果だけでなく、実際に通信を利用してみてもかなり快適な通信環境だった。

東京都心でも、Xiの10MHz帯を利用可能なエリアが2013年3月末までに700か所に増える予定となっているので、10MHz対応エリアの拡大によって、都心のXiの通信速度が改善する事に期待したいなと。