microUSB対応のネックストラップをしばらく使ってみたのでレビュー

Jawboneシリーズの製品を販売している『Trinity』よりmicroUSB対応のネックストラップが発売されていたので、購入から約2週間でのレビュー。
関連エントリ:microUSBネックストラップ ファーストインプレッション&いろんな端末をぶら下げてみた | shimajiro@mobiler

■こんな風に使ってみた
製品説明ページには、スマートフォンをぶらさげて使っている説明があるけれど、スマートフォンをぶら下げるのはちょっと怖い&何となく抵抗があるので、ネックストラップにぶら下げるのは専らBluetoothヘッドセットのJawbone ICONのみで使っていた。
(実験的にはNexus 7をぶら下げてみたりもしたけれど、外出中には利用していない)

■メリット
microUSB対応のネックストラップにJawbone ICONをぶら下げて使ったメリットとしては、

『Bluetoothヘッドセットを耳に装着していなくても、常にネックストラップの先にBluetoothヘッドセットがある』

という状態を維持し続ける事で、Bluetoothヘッドセットを紛失したり、使おうと思った時に見つからなかったり、シャツの胸ポケットに入れたまま洗濯してしまう。
という事が無くなるのは、Bluetoothヘッドセットを装着しっぱなしにして使わない場合、ネックストラップにぶら下げると便利になった。

ただ、使ってみて思ったのは、microUSB対応のネックストラップにBluetoothヘッドセットをぶら下げておく使い方は、シャツなどにクリップして使えるSonyEricssonのBluetoothヘッドセット『MW600』を使っているのとあまり違いは無いかも(^ ^;

という事で、コンパクトな本体にクリップがついたMW600は改めて完成度の高い製品だなぁ。と思ったり。
※最近はあんまり使う機会が少ないのだけれど…。

SONY ソニーエリクソン Bluetoothワイヤレスヘッドセットマイク付き ブラック MW600/B(Amazon)

■デメリット
microUSB対応のネックストラップのデメリットは、取り外しが少々面倒という点で、音声通話の着信時にBluetoothヘッドセットで通話しようとした場合、相手を待たせないために早く取り外さなければいけないプレッシャーもあって、取り外しに手間取るのが一層ストレスに感じる。

スマートフォン端末をぶら下げる事を想定して作っている製品である以上、取り外しがカンタンな方にシフトしすぎると、意図せぬ落下事故が発生するリスクも考えられるので、現状の製品の使われ方の想定からは仕方ない面もあるかもしれないけれど、ネックストラップに取り付けた端末の取り外しは、アダプタ部分のボタンを押しながら、アダプタ部分から取り外す方向に力を入れて取り外す必要があり、取り外しの操作が片手では難しい上、ボタンを押しながら取り外すのは少々面倒臭い。

加えて、Jawbone ICONを取り外そうとしている間に、予期せずJawbone ICONの通話ボタンを押してしまった事で、ネックストラップからの取り外し前に通話が開始されていた事があった(^ ^;

個人的には、ボタンを押せばカンタンに取り外す事が出来るタイプの製品の方が使い勝手が良いなと思ったので、アダプタ部分の取り外しの仕様が変更されるか、アダプタ部分がオプションで増えると面白いなと思った。

これまで使った事のある製品の中で取り外しがカンタンなのは以下の製品のイメージ。
HandLinkerEXTRA 携帯ネックストラップ ブラック(Amazon)

上記の製品は、スマートフォンなどのストラップホイールに、ストラップとして装着するものだけれど、ネックストラップの連結部分の中央にあるボタンを押すと、カンタンに取り外しする事が可能になっているので、スマートフォンなどとの接続がストラップホイールだけでなく、microUSBだったりiPhone 5のLightningコネクタをサポートしたら使い勝手が良くなりそう。

■今後の要望
そんなわけで、今後の要望としては、ネックストラップのアダプタ部分だけがオプションで追加できるようになって、アダプタ部分の選択肢が増えれば、microUSB対応製品以外にも様々なポートの製品をぶら下げる事が可能になるし、落下リスクがそれほど高く無い製品(Bluetoothヘッドセット)については、より取り外しがカンタンなアダプタに装着するなどの使い方が可能になるので、ネックストラップとアダプタ部分が別々に購入出来るようになったら、自由度が増える上にスマートフォン + Bluetoothヘッドセットをネックストラップにぶら下げる。という使い方も可能になって便利なんではないかと。

と言うわけで、microUSBネックストラップについては、コンセプトそのものは良いと思っているのだけれど、実際にJawbone ICONを装着して使ってみると、それほど使いやすさを感じなかった。というのが率直な感想。

ただし『Bluetoothヘッドセット(あるいは別の何か)が常にネックストラップに装着されている』のは使い勝手が良い事は確かなので、このコンセプトのままで、製品の改良を続けていってもらえたら嬉しいなと(^ ^)

Simplism Micro-USBポート用ネックストラップ Micro-USBポートにワンタッチ装着 ブラック TR-MUS-BK Simplism Micro-USBポート用ネックストラップ Micro-USBポートにワンタッチ装着 ブラック TR-MUS-BK

Simplism 2012-12-25
売り上げランキング : 3577

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメント

  1. […] 。と感じていたので、今回のカラビナタイプ製品の使い勝手には期待しているところ(^ ^) 関連エントリ:microUSB対応のネックストラップをしばらく使ってみたのでレビュー | shimajiro@mobiler […]