モバイルWi-Fiルータ HW-02E/L-03Eスペック比較

L-03Eが発売開始された直後ではあるけれど、ドコモの2013春モデルとして『HW-02E』が発表されたので、L-03Eとのスペック比較をまとめてみた。

■HW-02E/L-03Eスペック比較

機種名 HW-02E L-03E
メーカー Huawei LG電子
発売時期 2013年3月 2013年1月
公衆無線LANへの接続 対応
※docomo Wi-Fi自動ログイン非対応
対応
※docomo Wi-Fi自動ログイン非対応
無線LAN方式 IEEE802.11b/g/n IEEE802.11b/g/n
同時最大接続数 10台 10台
USBモデムとしての利用
(Mac OS対応)

(Mac OS非対応)
固定回線のAPとして利用 非対応 非対応
最大通信速度 [Xi]
下り:112.5Mbps
上り:37.5Mbps
[FOMA]
下り:14.4Mbps
上り:5.7Mpbs
[Xi]
下り:100Mbps
上り:37.5Mbps
[FOMA]
下り:14.4Mbps
上り:5.7Mpbs
サイズ
(縦、横、厚)
90mm
56mm
13.9mm
90mm
60mm
19.5mm
重量 約103g 約145g
連続待受時間 Xi:260時間
FOMA:440時間
Xi:460時間
FOMA:540時間
電池容量 1,780mAh 3,600mAh
連続通信時間 5時間 (Xi接続時)
5時間 (FOMA接続時)
12時間 (Xi接続時)
13時間 (FOMA接続時)
内蔵メモリ なし なし
その他 GSM対応
電源OFFから5秒起動
1.8インチカラーディスプレイ
ジョグキーによる操作が可能
GSM対応。
モバイルチャージャー機能によりスマートフォンなどへの充電が可能。

HW-02Eの最大の特徴は『下り最大112.5Mbpsに対応』している点で、下り最大112.5Mbps対応端末は、2013年春モデルの中でHW-01E/HW-03Eの2機種だけとなっており、国内で販売されるモバイルWi-Fiルータが対応する速度(理論値)では最速となる。

ただ、Xiの『下り最大112.5Mbps』で通信が可能なエリアは極めて限定されており、

2012年11月:全国10都市の一部で対応開始
2013年3月:全国22都市の一部で対応予定
2013年6月:全国50都市の一部で対応予定

となっており、Xi対応エリアの全てで下り最大112.5Mbpsでの通信は出来ない点には注意が必要。

その他、HW-02Eの特長としては『電源OFFから5秒で起動』という点があげられる。
HW-02Eは搭載しているバッテリの容量が1,780mAhとL-03Eと比較して小さく、連続通信時間も半分以下となっているけれど、『通信しない場合は電源OFF』にしていても、電源投入から起動までが5秒と早いため『必要になったタイミングで電源を入れて利用する。』という使い方を、ストレス無く実現する事が可能。

また、非常に地味な点ではあるけれど、USB接続時にモデムとして通信する事が可能となっているのはHW-02E/L-03Eに共通だけれど、L-03EはMacではUSB接続で利用する事が出来ず、この点はMacでも利用可能なHW-02Eが便利と言える。
※ソフトウェアのアップデートなどで、L-03Eでも利用が可能になる事を是非お願いしたい。というのがL-03E利用者としては願い…(^ ^;

HW-02Eは、連続通信時間などのスペックでは発売済みのL-03Eに劣るものの、L-03Eよりも約40g軽量になっている点や、カラーバリエーションがモバイルWi-Fiルータとしては珍しく3色用意され、パッケージも本体カラーに合わせてカラーが変わっているなど、L-03Eが『ハイエンド志向』なモバイルWi-Fiルータとすれば、L-03Eとは異なるユーザ層を狙った製品となっているように思う。