連続待機時間1,000時間以上/8.4mm極薄のURoad-Aeroが本日より発売開始!年間契約で端末代4,800円

スポンサーリンク

連続待機時間が脅威の1,000時間以上、厚さ8.44mmの『極薄』(モバイルWi-Fiルータとして世界最薄)のURoad-Aeroが本日より発売開始となり、本日よりUQオンラインショップにて販売が開始されている。

URoad-Aeroの販売ページは以下より。
URoad-Aero | UQ WiMAX オンラインショップでインターネットの申し込み(UQオンラインショップ)
0220_URoad-Aero.jpg

気になる販売価格は以下。

■URoad-Aero販売価格 (UQオンラインショップ)
年間パスポート契約時:4,800円 (クレードルセットは 6,800円)
UQ 1 Day契約時:17,800円

となっており、UQオンラインショップでの販売価格はWM3800Rと同一金額となっている。

URoad-AeroとWM3800Rを比較すると、従来シンセイコーポレーション製のモバイルWi-Fiルータでは非対応となっていた、

・クレードル対応
・公衆無線LAN
・USB接続

の3つにシッカリと対応した上で、世界最薄となる8.4mmの薄さに加えて、休止状態での連続待機時間は1,000時間を越える、驚愕のスペックとなっている。

WM3800Rと比べて面白いのは、タイマーによる休止状態からの復帰&休止状態への移行機能で、個人的にはついうっかり電源を落とし忘れてそのまま朝を迎える。なんて事があるので、一定の時間帯になったら強制的に休止状態へ移行する事が可能なのは、『朝になったらバッテリが空になっている』という自体を防げるのでありがたい。
⇒さらに、クレードルがあれば充電そのものを忘れる機会がグっと減りそう。というのも、過去のモバイルWi-Fiルータを使った経験から期待している。

WM3800Rと同様に、販売開始日からBIGLOBEやSo-netなどの大手ISPでも販売が開始されるかと思っていたけれど、残円ながら20日(木)の13:00時点では販売開始されていないので、もしかしたら後日(3/1からとか?)の取り扱い開始になるのかも…。
※各社のキャンペーン条件などは、確定次第まとめる予定。

基本的には、定価がWM3800Rと同じ価格となっているので、MVNOも現在行っているキャンペーン内容をそのままURoad-Aeroでも適用できる事に期待(^ ^)

現時点ではURoad-Aeroの販売ルートは限られるけれど、既に購入する事が可能になっているUQオンラインショップの場合、新規で年間パスポート契約をすると『お友達紹介キャンペーン』で3,000円分の商品券がプレゼントされるので、UQオンラインショップにて新規契約をされる方は、以下のお友達紹介リンクより購入すると後日3,000円分の商品券がプレゼントされます(オイラにも)

UQ オンラインショップ(お友達紹介キャンペーン)