So-net WiMAXでURoad-Aeroの販売が開始/端末代はいきなり0円&30,000円相当の還元

スポンサーリンク

So-net WiMAXでURoad-Aeroの販売が開始され、新規の年間パスポートの契約でURoad-Aeroの端末代が0円&キャッシュバック20,000円 + アンケート回答でソネットポイント10,000ポイント(10,000円相当)がプレゼントされる、かなり手厚いキャンペーンが行われている。
※URoad-Aeroの本体代は無料になるけれど、クレードルは残念ながら無料にならない。

So-net WiMAXのキャンペーンページは以下より。

URoad-Aeroが端末代0円&30,000円相当の還元(So-net)

0301_So-net_Campain.jpg

So-net WiMAXキャンペーンの特典は以下。

(1)URoad-Aero端末代が無料(WM3800Rなども含む)
(2)20,000円キャッシュバック (契約から2か月目の月末時点での契約が必用)
(3)契約事務手数料 3,150円が無料
(4)アンケート回答でソネットポイント 10,000ポイント還元

2月のキャンペーンからの変更点として驚いたのは(2)のキャッシュバックが受けられるタイミングの変更で、2月のキャンペーンでは『契約から9か月後の月末時点で契約している事』が条件だったのに対して、3月のキャンペーンでは『契約から2か月後の月末時点で契約している事』と、キャッシュバックを受取可能なタイミングが7か月も前倒しされている(^ ^;

一方で、解約時のペナルティとしては、契約から24か月以内にSo-net会員を退会した場合は、違約金が15,000円追加。という部分は変わっておらず、2月と比べてキャッシュバックタイミングが早くなった分だけ、キャンペーンとして内容がより充実した。と言える。(受取できる金額自体は据え置きだけれど…)

『モモフライトピンク』モデルがのあるWM3800Rと異なり、URoad-AeroにはSo-netオリジナルのモデルの販売予定などはアナウンスされていないけれど、本体カラーはホワイト/ブラック/レッドの3色から選ぶ事が可能で、選択肢が広い。

URoad-Aeroは、従来のURoadシリーズ端末では非対応になっていたPCとのUSB接続やクレードル(残念ながらキャンペーンで無料にはなっていない)との接続、公衆無線LAN機能に対応しており、さらに連続待機時間が1,000時間になるURoad-Aeroは、WiMAX対応のモバイルWi-Fiルータの『完成形』とも言えるレベルに仕上がっており、実際使ってみても特に不満を感じる事が無い。(強いて言うなら、LEDだけでは接続状態などが判別し難い。という程度)

同じくWiMAX対応のモバイルWi-Fiルータとして『Mobile Slim』(8.2mm)が発表されたため『世界最薄』では無くなってしまったものの、厚さ8.4mmの本体は各社のLTE対応のモバイルWi-Fiルータと比べると圧倒的な薄さとなっている上、本体重量も74gと、80gを切っており本体が非常に軽い。

URoad-Aeroのキャンペーンは、3/1(金)の6:00時点でSo-net WiMAXでの取り扱いが確認出来てているけれど、BIGLOBEや@nifty WiMAXのキャンペーンでは現時点で取り扱いがされておらず、取り扱いが開始され次第キャンペーン条件の比較をまとめてみる予定(^ ^)

So-net WiMAXのキャンペーンページは以下より。
URoad-Aeroが端末代0円&30,000円相当の還元(So-net)