ジェットスター 国内線 成田 ⇒ 関空 GK101便 搭乗記

ジェットスター・ジャパンの国内線 成田 ⇒ 関空 GK101便に搭乗したので搭乗記。

■搭乗した飛行機
便名:GK 101便
区間:成田国際空港(NRT) ⇒ 関西国際空港(KIX)
定刻:成田発 6:15/ 関空着 7:40
日付:2013年3月
機材:A320
区分:Starter(エコノミー)
運賃:3,190円

この飛行機に乗るためのバスが軒並み満席だったので、新橋を00:30に発車する『予約受付なし』のバスで移動した。

新橋駅 00:30発 成田空港行 バス乗車レポート | shimajiro@mobiler

3月末から『東京シャトル』が増便されたので、成田早朝便のためのアクセスが良くなることに今後も期待したいなと。

東京駅 ⇒ 成田空港の『東京シャトル』の深夜便が2便 ⇒ 4便に増便!成田空港発も900円/片道に値下げなど | shimajiro@mobiler

■03:30頃成田空港にバスで到着
0406_GK101_01.jpg

■チェックインカウンターの様子(03:40頃)
0406_GK101_02.jpg

既に搭乗手続を行っている乗客がチラホラ。

■搭乗案内
0406_GK101_03.jpg

ジェットスター便が、JALとの共同運行になってた。

この時間帯の成田空港のターミナル内はほとんどのお店が閉まっているので、待ち時間はそれなりに覚悟した方が良い。

■荷物検査の行列
0406_GK101_04.jpg

早朝便で利用者も少ないと思い込んでいたら、荷物検査は案外混んでいた。
よくよく見てみると、LCCの早朝便が同じような時間帯に飛ぶので、ある程度混雑するのも納得。

■搭乗口の売店は開いている(5:20頃)
0406_GK101_05.jpg

荷物検査を抜けたにある売店は開いていたので、機内での飲み物・食べ物はここで買っておくのが良さそう。

■GK 101便の搭乗案内
0406_GK101_06.jpg

■搭乗口から飛行機まではバスで移動
0406_GK101_07.jpg

■GK 101便外観
0406_GK101_09.jpg

■座席の様子
0406_GK101_10.jpg

ジェットスターの国内線共通で使われている座席。
席は3 * 2列の6席仕様。

■機材はA320
0406_GK101_11.jpg

■機内誌など
0406_GK101_12.jpg

自動チェックインで割り当てられた座席が窓側だったのと、隣に乗客が居たので機内後方から写真を撮ることができなかったけれど、この日の搭乗率は40%と、空席が目立っていた。

飛行機はトラブル無く、定刻通りに関空に到着。

■ターミナルまではボーディングブリッジで移動
0406_GK101_13.jpg

同日中にPeachの夜便で香港に行く予定だったので、この日は荷物をコインロッカーに預けた。

関空のコインロッカーは、第一ターミナル 国内線到着ロビーの目の前にある。

■関空のコインロッカー(1日ごとタイプ)
0406_GK101_14.jpg

■関空のコインロッカー(3時間ごとタイプ)
0406_GK101_15.jpg

■電車で天王寺方面へ
0406_GK101_16.jpg

関空に着いたあと、電車で天王寺方面に移動して大阪城などを観光。

東京から大阪の移動手段で考えると、飛行機以外にバスという選択肢もあって、東京 ⇒ 成田&関空 ⇒ 大阪市内に出る時間と料金を考えると、飛行機の方が値段が安かったとしても、それほどメリットが無いかもなぁ…と思ったりしたのは事実(^ ^;

ジェットスターの関空 ⇔ 成田便は増便/減便を繰り返しているけれど、6/11 〜 7/17は一時的に2便/日 ⇒ 4便/1日に増便するので、この期間はセール対象となる機会が増えそう。

■ジェットスター 成田 ⇒ 関空便(6/11)
0406_GK101_16.jpg