AppComing読者キャンペーンは5月末まで『ゆるやかに』継続!都内からのアクセス方法まとめ

スポンサーリンク

4月25日 〜 5月6日に開催された『AppComing読者キャンペーン 2013ゴールデンウィークスペシャル』が、5月末まで『ゆるやかに』継続されることが発表されている。

AppComing読者キャンペーン2013ゴールデンウィークSpecial!【九州エリア】ドコモショップ豆津バイパス店(福岡)

4月25日から5月6日までの予定で開催したAppComing読者キャンペーン2013 ゴールデンウィークSpecial!は、大好評のうちに予定期間が終了となりましたが、連休による入荷不足などもあり、継続を望まれる声もありましたので、5月31日迄ゆるやかにキャンペーンを延長することになりました!

福岡エリアでは、XiスマートフォンをMNP契約した場合のキャッシュバック金額が45,000円に設定されており、端末代が大幅に割引されるご愛顧割/デビュー割対象の端末だけでなく、発売されたばかりのハイスペック端末についても、MNPの新規契約によりお得に購入することが可能となっている。

キャンペーンで販売中の商品として一例を挙げると、Optimus G Pro L-04Eが、MNP新規一括で75,600円に対して45,000円のキャッシュバック特典により、キャッシュバック金額を差し引きした後の端末代は一括で30,600円相当で購入可能となる。

キャンペーンの延長が発表されたので、首都圏からキャンペーン参加店舗へのアクセスについてご紹介したい。

今回のキャンペーン参加店舗の中で、首都圏から時間&コスト的な面を考慮してアクセスが比較的良いのはLCCが就航している福岡エリア。

LCCで成田 ⇒ 福岡を移動した場合の価格については以下。

■成田 ⇒ 福岡の航空券価格(ジェットスター)
0508_NRT_FUK_Jetstar.jpg

航空券 予約・購入・運賃案内|Jetstar – ジェットスター

平日や日曜日発であれば5,000円/片道以下、週末でも片道10,000円/以下で福岡行きの航空券が購入可能。

■成田 ⇒ 福岡の航空券価格(エアアジア)
0508_NRT_FUK_AirAsia.jpg

エアアジア|LCC 格安航空券予約・購入・運賃案内

ジェットスターと同じく、平日や日曜日発であれば5,000円前後、週末で航空券が高くても10,000円前後/片道で予約が可能。

福岡空港は街中から近くなっており、空港からアクセスし易いのは以下3店舗。

ドコモショップ薬院店 – 最寄り駅:地下鉄七隈線 薬院駅
ドコモショップ西新店 – 最寄り駅:地下鉄空港線 西新駅
ドコモショップ大橋店 – 最寄り駅:西鉄大橋駅

上記店舗であれば、首都圏から日帰りで福岡でケータイを契約することもそれほど慌ただしいスケジュールとはならない。

現地で宿泊する場合、Expeidaのツアーを活用すると航空券 + ホテル代がセットで表示されるため、全体の費用が把握しやすくオススメ。

例えば平日の往復航空券 + ホテル宿泊1泊のツアーを検索した場合、総額約15,000円以下で予約可能な日程が多数ある。

成田 ⇔ 福岡の往復航空券 + ホテル1泊で約14,000円(Expedia)
120508_Expedia.jpg

現地で1泊して観光を楽しみながら、空いた時間に休憩がてら(?)キャンペーン参加店舗に寄ってみる。というのも良いかもしれない。

LCCとはいえ週末はやや航空券価格が高くなっているので、週末でも移動コストがそれほど変わらない。という選択肢としては、首都圏から四国に行くバスで移動という選択肢もアリ。
※但し、バスの移動時間は東京 ⇒ 徳島で10時間程度と長時間の移動になる

首都圏から深夜バスで四国エリアのキャンペーン参加店にアクセスする場合、徳島駅までバスで移動してドコモショップ末広店へアクセスするのが最もアクセスが良さそう。

徳島駅からドコモショップ末広店(徒歩だと約30分)

大きな地図で見る

東京 ⇒ 徳島間のバスは約6,000円〜予約が可能となっている。

東京 ⇔ 徳島の夜行バスを運行している『オリオンバス』のWebサイトは以下より。

高速バスはオリオンバス
0508_Tokyo_Tokushima_01.jpg