ドコモプレミアクラブのサービス内容の改訂を発表!DCMX GOLD契約者は契約年数に関係無く最上位ステージに/その他ステージは有料オプションの契約が重要に

ドコモの利用者向けの会員サービス『ドコモプレミアクラブ』のサービス内容が大幅に改訂されることが発表されている。

ドコモのプレスリリースは以下より。
報道発表資料 : 「ドコモプレミアクラブ」・「ドコモビジネスプレミアクラブ」のサービス内容を改定 | お知らせ | NTTドコモ

ポイント制度の大幅改訂:新ステージが3つ新設

ドコモプレミアクラブは、2013年6月現在の1stステージ、2ndステージ、3rdステージ、プレミアステージの4ステージ制となってたけれど、今回発表された改訂により、2014年4月以降『ゴールドステージ』と『グランプレミアステージ』の2つが上位ステージとして、また下位のステージとして『ベーシックステージ』の合計3つが新設され、合計で7ステージとなる。

■ドコモプレミアクラブ 新ステージの概要

ステージ名称 ドコモ
契約年数
その他条件 利用金額1,000円
ごとの付与ポイント
ゴールドステージ 規定なし DCMX GOLDの契約 100ポイント
グランプレミアステージ 15年以上 [スマートフォン・タブレット利用時]
あんしんパック または おすすめパック

[その他ケータイ]
ケータイ補償お届けサービス または iコンシェル
上記に加えMyインフォメール受信登録(無料)

50ポイント
プレミアステージ 10年以上 40ポイント
3rdステージ 5年以上 30ポイント
2ndステージ 2年以上 20ポイント
1stステージ 2年未満 10ポイント
ベーシックステージ 5ポイント

最上位ステージとして新設される『ゴールドステージ』のステージ決定条件は『DCMX GOLDを契約すること』だけとなっているので、DCMX GOLD契約者(家族会員も含む)は、ドコモの契約年数や加入する有料オプションに関係無く、2014年4月からは『ゴールドステージ』として、ドコモの利用料金1,000円ごとに100ポイントが還元さる。

『ゴールドステージ』のポイント還元率は10%となっており、従来のプレミアステージの4%と比べて、最大で2.5倍ポイント付与率が大きくなる。

と言えるけれど、ドコモポイント還元の単位が『ドコモの利用金額1,000円単位』となっており、利用金額1,000円未満は切り捨てされるため、例えばある月の利用金額が1,900円であった場合、貯められるドコモポイントは

(新)ゴールドステージ:100ポイント
(旧)プレミアステージ:76ポイント

となり、新しいドコモプレミアクラブのポイント制度では、ポイント付与の単位が利用金額1,000円毎になる影響が大きいことが理解できる。

『ゴールドステージ』以外には、契約年数15年以上かつ、指定のオプションに加入しているユーザは、新設される『グランプレミアステージ』となり『グランプレミアステージ』では利用金額1,000円につき50ポイントがドコモポイントとして還元される。

新しく設置される『グランプレミアステージ』と、従来から設置されているプレミアステージ、3rdステージ、2ndステージ、1stステージの4つは、

・ドコモ指定の有料オプション + Myインフォメールへの登録が必要
・ポイント付与金額がドコモの利用料金1,000円ごとになり、1,000円未満は切り捨てされる
・DCMX加入により、各ステージ毎のドコモポイントの付与率が1.5倍に

という点が共通点となり、各ステージを維持するために有料オプションが必要となる点と、先述の通り100円単位だった利用金額が1,000円単位になることで、実質のポイント付与率が下がるユーザも多くなってしまうのではと思う。

1点気になるのは、有料オプションの契約が条件となるステージの判定タイミングで、従来は『前年度末時点でのドコモ継続利用期間および年間利用金額』という条件で、翌年のステージが確定したけれど、新しいポイント制度では任意のタイミングで解約可能な、『有料オプション』契約が必須になるステージがあり、有料オプションを契約している月と契約していない月がある場合、契約している月だけが『ベーシックステージ』以外のステージになるのかなど、その辺りの詳細は不明。

恐らく、ステージ判定タイミングだけ有料オプションに入ればok。ということは無いと思うので『当該月1か月の間、有料オプションを契約していた場合は、当該月のステージが1st以上になる』というような条件でステージが定められるものと思われるけれど、各ステージの判定条件&判定時期については未定となっており、決定次第案内される予定とのこと。

各ステージの判定条件、判定時期などの詳細は未定です。決定次第、ドコモプレミアクラブ・サイトなどでご案内いたします。

ポイントプログラムまとめ:DCMXまたはDCMX GOLDユーザ以外には厳しい改訂か

ポイントプログラムについてざっくり言うと、新設された『ゴールドステージ』『グランプレミアステージ』に属するユーザはポイント付与率がアップする可能性があるけれど、それ以外のステージに属するユーザは、利用金額が100円単位 ⇒ 1,000円単位になることで、DCMXカードを持たない限りはポイント付与率は悪化する計算になる。

可哀想だなと思うのは、契約年数が15年以上の『グランプレミアステージ』であっても、利用金額が1,900円の場合は従来の『プレミアステージ』の方がポイント付与額が大きくなるという点。

先ほどの例と同じく、ある月の利用金額が1,900円の場合に付与されるポイントは、

(新)グランプレミアステージ:50ポイント
(旧)プレミアステージ:76ポイント

となり、プログラムの改訂によってステージ的には従来よりも上位ステージになっても、利用金額の単位が1,000円単位になることで、結果的には付与されるポイントが減少してしまうケースがある。

利用金額別の付与ポイントを比較すると以下。

■利用金額別の付与ポイント比較

利用金額 900円 1,000円 1,900円 3,900円 4,000円
新プログラムでの付与ポイント
ゴールドステージ 0 100 100 300 400
グランプレミアステージ 0 50 50 150 200
プレミアステージ 0 40 40 120 160
3rdステージ 0 30 30 90 120
2ndステージ 0 20 20 60 80
1stステージ 0 10 10 30 40
ベーシックステージ 0 5 5 15 20
旧プログラムでの付与ポイント
プレミアステージ 36 40 76 156 160
3rdステージ 27 30 57 117 120
2ndステージ 18 20 38 78 80
1stステージ 9 10 19 39 40

※新プログラムでのDCMX契約における、ポイント付与率1.5倍については考慮しない

そんなわけで、ポイントプログラムの改訂によって、ポイント付与率が低くなるケースがあるので、ドコモにある程度の金額を毎月支払っているユーザはDCMXもしくはDCMX GOLDに申込をしないと、これらのカードに申込をしておくと良いのではと(^ ^;
※店頭でも、DCMXカードへの加入をよりプッシュされるような気がする。

DCMX GOLDの年会費は10,500円となっているけれど、サービス内容は充実しているので、この機会に申込を考えてみるのも良い機会かなと。

■DCMX GOLD会員の特典
・ドコモプレミアクラブのステージ優待(2014年4月以降はゴールドステージへ)
・『DCMXケータイ補償』により、端末購入から二年間、端末の再購入に係る費用が最大10万円まで補償される
・家族カードが1枚無料で発行可能
・ケータイ購入ご優待券 5,250円分がもらえる(二年目以降は前年度利用額100万円以上)
・空港のカードラウンジが無料(家族会員含む)
関連エントリ:DCMX ⇒ DCMX GOLDへのアップグレードを申込みしてみた | shimajiro@mobiler

2013年冬モデル以降の端末では『無料故障修理サービス』が適用外/有料の『ケータイ補償 お届けサービス』の契約が必要に

ポイント制度以外に大きな変更点としては、2013年冬モデル以降の端末では、新たに提供される『ケータイ補償サービス』(ケータイ補償お届けサービスの2013年冬モデル以降版)に加入しないと、従来はドコモプレミアクラブ会員向けに無料で提供されていた『無料故障修理サービス』と『修理代金安心サポート』が適用できなくなるという点。

■補償サービスの変更イメージ(ドコモより引用)
0626_docomo.jpg

従来は無料だった『無料故障修理サービス』と『修理代金安心サポート』が、有料サービスとなってしまうのはユーザとしては負担増となるのは残念。

上記の変更が適用されるのは2013年冬モデル以降の端末となっており、2013年夏モデル以前の機種については、ケータイ補償お届けサービス(有料)に加入していなくても、引き続き『無料故障修理サービス』と『修理代金安心サポート』を利用することが可能。

コメント

  1. […] 連エントリ:ドコモプレミアクラブのサービス内容の改訂を発表!DCMX GOLD契約者は契約年数に関係無く最上位ステージに/その他ステージは有料オプションの契約が重要に | shimajiro@mobiler […]

  2. へっぴん より:

    今回の変更で「Myインフォメール受信」が必要となり、
    結果iモード/spモード契約も必須になります

    当方の父は20年超の継続ユーザーですが、
    メールが使えないため契約していません。
    こういう年寄りに多いユーザーがベーシックステージに
    たたき落とされるのもひどいと思いますなぁ
    数百万円払ってきたはずなのに

  3. くまのともだち より:

    ドコモプレミアクラブの無料の「保険」(実は最強でした)がなくなりたいへんたいへん痛いです。DCMX GOLDの保険では通常故障のようなハードウェアの不具合をカバーできないので、新しい保険に入らざるをえなくなりそうです。実質的な値上げですね。