MacBook Air 2013購入の最大のメリット:連続使用時間が延びたのでHyperJuiceが不要になった

スポンサーリンク

MacBook Air 2013を購入してから『バッテリは持つようになったけど、動作は重くなった』と思っていたけれど、動作が重い原因となっていたのはATOK for Macの不具合によるもので、ATOK for Macをアップデートしてからは、動作速度に不満を感じることなく、快適に利用することができている(^ ^)
※使い方の問題なのか、MacBook Air 2012と比べて、動作が快適になった!と思う機会はそれほど多くないけれど…。

その上で、MacBook Air 2013を購入して『良かった』と思っているのは、バッテリ使用時の連続使用時間が延長されていることで、特にMacBook Air 11インチの場合、13インチと比べて連続使用時間が短い分、2012 ⇒ 2013の乗り換えによるメリットは13インチよりも大きいように思う。

MacBook Air 2013と2013のサイズごとのバッテリ使用時の連続使用時間比較は以下。

■MacBook Air 2012/2013のサイズごとのバッテリ使用時の連続使用時間比較

モデル MacBook Air 2013 MacBook Air 2012
11インチ 9時間 5時間
13インチ 12時間 7時間

11インチのMacBook Airの場合、2012年モデルでは5時間となっていた連続使用時間が、2013年モデルでは9時間に延長されており、この恩恵によって外部バッテリとしてMacBook Airを充電するのに重宝していた『HyperJuice』が不要になった。
※実際、MacBook Air 2013を購入してからは、HyperJuiceを今のところ一度も利用していない。

11インチのMacBook Airでは、2012年モデルで連続使用時間が5時間となっていたので、ある程度長い作業を行う場合などは、バッテリが切れることがそれなりにあり、外出先で長時間の作業をする場合あるいは、1泊以上の旅行には必ずHyperJuiceを準備していたけれど、少なくとも『MacBook Airを充電する』という目的では、MacBook Air 2013では連続使用時間が延びたので、自分の場合は使用する機会がほぼ無くなりそう。

HyperJuiceが不要になると、

・HyperJuice本体
・HyperJuice専用の充電用ACアダプタ
・HyperJuiceからMacBookを充電するためのケーブル

の3点が不要になるので、特に旅行中の荷物を大幅に減らすことができるようになるのが嬉しい。

同じMacBook Airでも、13インチの場合は2012年モデルの時点で、連続使用時間が7時間となっていたので、11インチよりも連続使用時間が長く、11インチモデルと比べれば、HyperJuiceなどの外部バッテリーが必要になるケースが少なかったことが考えられるので、MacBook Air 2013は特に『11インチのMacBook Air』を使っている方にオススメかなぁ。と思った次第。

APPLE MacBook Air 1.3GHz Dual Core i5/11.6 APPLE MacBook Air 1.3GHz Dual Core i5/11.6″/4GB/128GB MD711J/A

アップル 2013-06-11
売り上げランキング : 2644

Amazonで詳しく見る by G-Tools