プリモバイル『003Z』が端末代 + チャージ代の総額約8,300円で販売されている

スポンサーリンク

ソフトバンクのLibero 003Zが、『在庫一掃セール』として、端末代3,379円 + プリペイドチャージ額5,000円の合計8,379円でプリモバイル端末として販売されている。

ソフトバンクオンラインショップでの販売は以下より。

プリモバイル – 003Zが本体代 + 5,000円チャージで8,379円(SoftBank Online)
プリモバイル『003Z』在庫一掃セール

003Zは、約1ヶ月前から端末代は約3,000円前後で販売されていたものの、1ヶ月前の段階ではプリモバイルのチャージ代金が最低でも10,000円必要となっていたので、最低購入金額が13,440円から、約5,000円値下げして販売されている。

7月に行われた『プリモバイル祭』については以下エントリにて。
ソフトバンク スマートフォンが2機種が対象の『プリモバイル祭』を開始! | shimajiro@mobiler

003Zと同じく、このタイミングで販売されていた009Zは今回販売されていないので、こちらは売り切れたのかも…。

前回のセールで003Zを購入しようと思ったけれど、トータルでの支払金額が安くないので見送っていた。という方は今回の値下げ(チャージ代金の値下げ)に合わせて購入するのもあり。

プリモバイル対象端末としては、フィーチャーフォンの740SCが、引き続き端末代2,079円(チャージ代金3,000円)で販売されており、『プリモバイル端末が何でも良いから必要』という場合は740SCの購入が安上がりになる。

通常の携帯電話の契約(後払いタイプ)と異なり、プリモバイルの場合、契約時の事務手数料などは不要となっており、端末代 + チャージ代金の支払いのみですぐに利用する事が可能なのがメリット。