ソフトバンク系シェアサイクル「HELLO CYCLING」が沖縄上陸、電動アシストつきで15分100円、24時間最大1,500円

スポンサーリンク

ソフトバンク系のシェアサイクル「HELLO CYCLING」が沖縄県那覇市にてサービスを提供開始。利用料金は15分あたり100円で、最大で24時間1,500円。

ケータイ Watchの記事(以下)によると、サービスを提供するのは「沖縄ヤマハ」。2020年8月までに、那覇市を中心に100箇所以上のステーションを設置予定とのこと。

沖縄でシェアサイクル、ソフトバンク系の「HELLO CYCLING」活用 – ケータイ Watch

沖縄ヤマハは、ソフトバンク傘下のOpenStreeetのシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を活用したシェアサイクルサービスを沖縄県で開始した。

■東京都内の「HELLO CYCLING」
「HELLO CYCLING」

「HELLO CYCLING」のアプリ上で確認する限り、那覇市内に設置されるポート(ステーション)の数は5箇所。

■那覇市内5箇所にステーションを設置
那覇市内5箇所にステーションを設置

自転車のレンタル・返却を行うステーションは、「ゆいレール」おもろまち駅前の「レキオスおもろまち駅前ビルバス停前」や、同駅からほど近い「レキオス本社前」などに設置されており、沖縄を拠点とする「レキオス」がポート提供に協力している模様。

なお、「レキオス」は「LEQUIOS mobile」という名称でMVNOサービスも提供している。

沖縄拠点のMVNO「LEQUIOS mobile」を契約 – 1GBが月額450円、月額2,480円で使い放題あり

那覇市内で提供されているシェアバイクには、ドコモ・バイクシェアが提供する「沖縄バイクシェア」が先行しており、那覇市内のホテルなど計6箇所にポートを設置しているものの、ドコモ・バイクシェア系の「沖縄バイクシェア」とソフトバンク系の「HELLO CYCLING」はそれぞれ専用のポート(ステーション)を提供しており、互換性は無い。