エアアジア・ジャパンの国際線 搭乗当日でもWebサイトからなら受託手荷物が安く申込可能

エアアジア・ジャパンの国際線に搭乗する予定があって、どうやっても荷物が機内持込荷物に収まり切らない(重量的に)ことがわかったので、急遽受託手荷物をWebサイトからリクエストすることに。
※家にいる時間帯なのでPCからリクエストをしたけれど、当日空港カウンターの前でスマートフォンからリクエスト。というパターンでも、受託手荷物料金を抑えることは可能。

エアアジアの受託手荷物の申込(航空券購入後)は『Webチェックイン』の手続で申込が可能。

エアアジアのWebサイトは以下より。

エアアジア|LCC 格安航空券予約・購入・運賃案内
エアアジア|LCC 格安航空券予約 購入 運賃案内

出発空港・予約番号・姓を入力して『Webチェックイン』の手続に進む。

パスポート番号など、必要情報を入力すると『受託手荷物』を購入することが可能になる。

■Webチェックインでの受託手荷物購入
AirAsia Webチェックイン 2

この時の料金は、

20kg:1,199円
25kg:1,700円
30kg:2,199円
40kg:3,799円

となっており、20kgまではそれほど高い値段には設定されていない。

ただし、エアアジアは受託手荷物の超過料金が1kgあたり1,500円と非常に高く設定されている(成田 ⇒ 台北路線の例)ので、受託手荷物を預ける際は特に、重量制限に注意する必要がある。

超過手荷物料金
1kg辺りの手荷物超過料金(スポーツ用品の重量超過にも適用) – 国際線 JPY 1500

さらに、当日カウンターで受託手荷物の申込をすると、15kgまでで2,000円の価格設定となっているため、事前にWebサイトから購入する方が安くなっている。

■受託手荷物オプション料金
エアアジア 料金 手数料

普段は基本的に『機内荷物のみ』で移動しているけれど、今回は『どうやっても荷物がオーバーする』という状況だったので、予め出発前に受託手荷物オプションを購入した次第。

エアアジア・ジャパンは間もなく運行を終了してしまうけれど、エアアジア・グループでは全体的に、事前に購入する受託手荷物オプションはそれほど高く無いけれど、荷物の重量超過料金が高く設定されているので、受託手荷物を預ける場合は荷物の重さが申込した重さを超えないようにご注意を。