日本通信が月額1,560円(税別)で200kbpsのデータ通信が使い放題になるSIMカードを販売

スポンサーリンク

日本通信が月額1,560円(税別)で200kbpsのデータ通信が使い放題になる『スマホ電話SIM フリーData』を11月23日(土)より発売することを発表している。

日本通信のプレスリリースは以下より。

日本通信、データ通信無料SIM フリーDataで宣戦布告|日本通信株式会社

日本通信株式会社は、音声サービスの基本料のみで、データ通信無料のSIM「スマホ電話SIM フリーData」を提供開始いたします。11月23日(土)より販売を開始し、これをもって、データ通信SIMの価格競争に終止符を打ちます。

プレスリリースに記載のある通り、日本通信は『スマホ電話SIM フリーData』を以てデータ通信SIMの価格競争に終止符を打つ。としている。

日本通信のプレスリリースに記載のある『データ通信SIMの価格競争に終止符を打つ』というコメントが、日本通信の提供する各種サービスではこれ以上の値下げをしない。という意味なのか、その真意はプレスリリースだけではイマイチ明確に伝わってこない。

『スマホ電話SIM フリーData』の発売予定日は11月23日(土)となっており、販売価格(パッケージ価格)は3,000円(税別)に設定されており、携帯電話各社の新規契約事務手数料と同等の金額に設定されている。

『スマホ電話SIM フリーData』の1,560円/月という価格はNTTドコモの提供する『タイプXi』(契約期間縛りなし)の通信料と同一のように見えるものの、タイプXiでは1,560円/税込の価格になっている点、契約期間縛りが無い点(日本通信は最低利用期間5ヶ月に設定されている)が、ドコモの『タイプXi』と比べた際のデメリットと言える。

とは言え、1,560円(税別)/月の価格で音声通話 + データ通信が200kbpsまで無料、なおかつ3GBまで高速データ通信が利用できるオプション(通信速度上限不明)も1,560円(税別)/月で利用可能となっているのは、料金プランとしては魅力的であるように思う。

プレスリリース中の価格表記が税別であったり、『市場最強SIM』である点をうたっているのは、なんだかなぁ。と思わざるを得ないけれど、サービス内容そのものは悪く無いサービスなのかなと。(3GBオプション使用時の実際の通信速度が気になるところ)

『スマホ電話SIM フリーData』は、イオン、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jpで11月23日より発売予定。