auのMVNO『mineo』カード登録に関する障害は復旧/申込多数でSIMカードや端末の発送が遅延

ケイ・オプティコムが6月3日より提供を開始したMVNOサービス『mineo』は、サービス提供開始直後にクレジットカード登録がしづらい状況が発生していたものの、この障害については復旧したことを発表。合わせて、申込が多数となっているために端末やSIMカードの発送に時間がかかる場合があることを告知している。

mineoのサービス紹介については以下より。

データ通信について|サービス紹介|mineo(マイネオ)

○クレジットカード登録がしづらい状況が発生しておりましたが、現在は復旧しております。なお、現在お申込みを多数いただいており、端末およびSIMの発送までに少々お時間をいただく場合がございます。お客様にはご迷惑をおかけしており、誠に申し訳ございません。

mineoはサービス開始までの約2週間で、事前予約が15,000件を超えたことを発表しており、申込件数という面ではサービスが順調に滑り出しを見せていると言える。

auのLTEを使うMVNO「mineo」の受付開始、事前予約は1万5000件超に – ケータイ Watch

ケイ・オプティコムは、6月3日より正式な申込受付を開始したMVNOの通信サービス「mineo」(マイネオ)について、6月2日時点での事前予約が1万5176件だったことを明らかにした。約3割は端末とのセットで、約6割は関西以外のユーザーとしている。

多くのMVNOがドコモの設備を借り受けてサービスを提供しているものの、mineoが利用しているのはKDDIの設備を借り受けてサービスを提供しており、一般的に言われる『MVNOのSIMカードで使える』とされる端末では通信が利用できないこともあるため、注意が必要。
※特に説明が無く『MVNOのSIMカードで使える』とされている場合は『ドコモの設備を借りているMVNO』となる。

mineoは対応端末をWebサイト上にて公開しており、その中にはモバイルWi-Fiルータの『Wi-Fi WALKER WiMAX2+(HWD14)』も含まれている。

端末について|サービス紹介|mineo(マイネオ)

■mineo対応機種一覧:Wi-Fi WALKER WiMAX2+(HWD14)が記載されている
端末について|サービス紹介|mineo

Wi-Fi WALKER WiMAX2+で利用可能なネットワークついては詳細な記載がされていないので、どのネットワーク(WiMAX/WiMAX 2+/LTE)で利用可能なのか?などは興味深いところ。

Wi-Fi WALKER WiMAX2+(HWD14)の白ロムはAmazonで10,000円前後で販売されている。

UQコミュニケーションズ モバイルルーター Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14 (メタリックレッド) WiMAX2+/LTE/WiMAX HWD14 UQコミュニケーションズ モバイルルーター Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14 (メタリックレッド) WiMAX2+/LTE/WiMAX HWD14

UQ Communications
売り上げランキング : 53204

Amazonで詳しく見る by AZlink