2014年1月分:WM3800R購入時のMVNO各社のWiMAXキャンペーン比較

WM3800Rを新規購入する場合の2014年1月現在のWiMAXキャンペーン比較。

■前提条件
・WM3800Rを新規に年間パスポート契約する場合

WiMAXのMVNO各社が行っているWM3800Rキャンペーン比較(2014年1月分)

事業者名 So-net @nifty WiMAX BIGLOBE WiMAX
カラー モモフライトピンク
クールグレイ
ブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト
ピンク
ハローキティ
インディゴ
ブラック
ホワイト
ピンク
端末代金 0円 1円 0円
クレードルセット 0円 1円 1,995円
契約事務手数料 0円 0円 3,150円
通信料(月額) 3,800円/月 3,853.5円/月 3,801円/月
登録月の通信料 0円 0円 0円
年間契約時
解除料金
1年目:9,975円 1年目:9,975円
2年目以降:5,250円
1年目:9,975円
2年目以降:5,250円
その他解約金 なし なし
※タブレット(Google Nexus 7)セットの購入の場合は、契約から1年目の契約解除料金が 9,975円 ⇒ 25,725円になるので注意。
なし
解約後の他事業者との契約 可能 不可能
※URoad-Aeroは可能。
可能
キャッシュバックなど ■30,000ポイント還元
申込から9ヶ月後の月末時点でキャンペーン対象サービスの利用確認ができた場合、11ヶ月後の中旬に30,000ポイント付与

または、ASUS MeMO Pad HD7(White)をプレゼント。

■12,000円キャッシュバック
開通月を含む9か月目に現金で振込。
※タブレット(Google Nexus 7)セットの購入の場合キャッシュバックは対象外。
■Kindle Fire HD
BIGLOBE WiMAXを24ヶ月利用する方が対象。
23ヶ月目の末日までに解約した場合、9,500円の違約金が追加発生。
■Kindle Paperwhite
BIGLOBE WiMAXを13ヶ月間利用する方が対象。
11ヶ月目までは3,500円、12ヶ月目は250円の違約金が追加される。
キャンペーン期限 2014年1月31日 2014年1月31日 2014年3月31日

So-net WiMAX:WM3800R + クレードルが初期費用完全無料で30,000ポイント還元/契約期間は1年間に短縮

So-net WiMAXのキャンペーンは、2014年1月にキャンペーン内容に大きな変更があった。キャンペーンの変更内容は以下。

(1)契約期間が2年間 ⇒ 1年間に短縮
(2)特典内容が現金20,000円 + 10,000ポイント ⇒ 30,000ポイント還元に変更

特典内容が現金から30,000ポイント還元に変更されてしまったのは少々残念だけれど、その一方で、契約期間は2年間 ⇒ 1年間に短縮されているので、将来的にWiMAX 2+を契約する方が、WiMAX 2+のエリア拡大&端末の完成度改善を待つまでの間の『つなぎ』として使う場合は、以前よりもオススメできる。

キャンペーン特典として付与されるSo-netポイントは、WiMAXの通信料の支払いに充当することができるため、実質通信料が30,000円割引可能。とも考えられるけれど、ポイント付与タイミングが『契約から11ヶ月後の中旬』となっているので、契約から12ヶ月間で解約することを考えると、So-netポイントで通信料を支払うことが出来ないのは悩ましいところ。(So-netポイントは、ANA/JALマイルとも交換可能)
関連エントリ:So-netポイントでモバイルWiMAXのオプション料金支払 – 1月分キャンペーンでは8ヶ月分の通信料に充当可能 | shimajiro@mobiler

So-net WiMAXキャンペーンでは、30,000ポイント還元のほか、AndroidタブレットASUS Memo Pad HD 7(White)がプレゼントされるキャンペーンも行っているので、モバイルWi-Fiルータ + タブレットを使いたい。という方はキャッシュバックではなくAndroidタブレットとのセットも選べる。

So-net WiMAXのキャンペーンページは以下より。

@nifty WiMAX:モバイルWi-Fiルータ + Nexus 7のセットが端末代1円またはキャッシュバック12,000円

@nifty WiMAXでは『WM3800Rのクレードルセットが1円』をベースに、

A.12,000円のキャッシュバック
B.Google Nexus 7(2012)のプレゼント

のどちらかの特典が選べるようになっている。
(キャンペーン内容については2013年12月から変更が無い)

So-net WiMAXでも契約期間が1年間となっているので、ポイント還元額だけを考えるとSo-net WiMAXよりもキャンペーンが手薄に見えるけれど、So-net WiMAXはポイント付与タイミングの問題で、契約から12ヶ月以内の通信料への充当が難しい点を含めて考えると、@nifty WiMAXのキャンペーンは非常にシンプルかつ、ワナの無い内容と言える。

@nifty WiMAXのキャンペーンは以下より。

BIGLOBE WiMAX:Kindleシリーズのプレゼントを開始!(違約金には注意)

BIGLBOE WiMAXのキャンペーンでは、キャッシュバック特典が終了した一方で、Kindleシリーズ端末をプレゼントするキャンペーンが開始されている。
※特典でKindleシリーズ端末をプレゼントされた場合、それぞれ違約金が追加される点には注意。

■プレゼント対象のKindleシリーズ端末
(1)Kindle Fire HD 7(16GB) ⇒ BIGLOBE WiMAXを24ヶ月使う方向け – 違約金は9,500円追加
(2)Kindle Paperwhite ⇒ BIGLOBE WiMAXを13ヶ月使う方向け – 違約金は最大3,500円追加

一方で、『契約から1年以内にで受け取れるキャッシュバック』という視点で比較をすると、

2014年1月のキャンペーンを比較すると、
契約から1年間で受け取れるキャッシュバックの金額は、

1位.So-net:30,000円(So-netポイントでの還元)
2位.@nifty WiAMX:12,000円(タブレットセットでない場合)
3位.BIGLOBE WiMAX:0円

となっており、BIGLOBE WiMAXのキャンペーンは他の2社と比べると手薄。
(これは過去から同じ傾向だけれど…)

その他条件についても、契約事務手数料(3,150円)やWM3800Rのクレードル代が有料になっているなど、ここで紹介するSo-net WiMAXや@nifty WiMAXと比べるとキャンペーン条件はやや厳しめ。

BIGLOBE WiMAXのキャンペーンは以下より。

まとめ:WiMAX 2+までのつなぎに1年間使うのはあり

WiMAXは、後継となる『WiMAX 2+』が開始されているため、どうしてもWiMAXのみの対応端末は目立たなくなってしまうけれど、とは言え対応端末の完成度の高さや安定性という意味では、現行のWiMAX 2+に対応した唯一の端末である『Wi-Fi WALKER WiMAX2+(HWD14)』と比べて、使い勝手に優れており、直近1年間でWiMAX 2+対応エリア化の恩恵を受けない場合は、WiMAX 2+対応端末では無く、WiMAX端末を選ぶ。というのも悪く無い選択肢と思う。
⇒So-net WiMAXのキャンペーンでの契約期間が2年間から1年間に短縮されたことで『WiMAX 2+までのつなぎ』として使いやすくなったのは、先々WiMAX 2+への乗換を考えても良い変更と言える。