UQ、羽田空港と成田空港のWiMAX 2+エリア整備完了を発表

スポンサーリンク

UQコミュニケーションズは、羽田空港および成田空港のWiMAX 2+エリア整備を完了したことを発表。両空港のターミナル内でWiMAX 2+が利用可能となる。国内の空港ターミナルでWiMAX 2+エリア整備が完了したのは、羽田空港および成田空港が初。

UQコミュニケーションズのプレスリリースは以下。
(羽田空港と成田空港で個別にリリースを配信している)

羽田空港におけるWiMAX 2+サービスの提供開始について | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

この度、東京国際空港(羽田空港)の国内線第1・第2旅客ターミナル、および国際線旅客ターミナルにおいてエリア整備が完了し、WiMAX 2+※1サービスがご利用いただけるようになりましたので、お知らせいたします。

成田国際空港におけるWiMAX 2+サービスの提供開始について | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

この度、成田国際空港の第一ターミナル、および第二ターミナルにおいてエリア整備が完了し、WiMAX 2+※1サービスがご利用いただけるようになりましたので、お知らせいたします。

■WiMAX 2+が利用可能なターミナル
・羽田空港 国内線 第一、第二ターミナル
・羽田空港 国際線ターミナル
・成田空港 第一ターミナル
・成田空港 第二ターミナル
※成田空港第三ターミナル(4/8開業予定)のエリア化予定は不明。

UQコミュニケーションズは、2015年2月26日付けでこれらの空港のエリア整備完了を発表したけれど、実際には数ヶ月前から、施設内の一部エリアではWiMAX 2+が利用可能となっていることが確認できていた。

■羽田空港 国際線ターミナルでWiMAX 2+が利用可能(2014年10月)
国際線ターミナルがエリア化
詳細:羽田空港国際線ターミナルでWiMAX 2+が利用可能になっていた | shimajiro@mobiler

羽田空港関連の携帯電話エリア化に関しては、2014年12月24日より京浜急行の京急蒲田 〜 羽田空港国内線ターミナル間のエリア化が完了しており、WiMAX 2+のエリア化とあわせて、羽田空港およびその近隣での電波状況が改善されている。
関連エントリ:京浜急行、京急蒲田 〜 羽田空港国内線ターミナル間のトンネルを携帯電話エリア化 14年12月24日より | shimajiro@mobiler