LCC国際線のフライトの搭乗日を忘れていたらどうなるのか?香港エクスプレスで搭乗日を間違えた話

スポンサーリンク

LCC国際線のフライトの搭乗日を忘れて(勘違いしていた)ために、予約していた飛行機に乗れなかった場合どうなるのか?を、就航したばかりの香港エクスプレスで体験する羽目にあったのでレポート。

ちなみに香港エクスプレスのフライトは、

香港 ⇒ 羽田:香港 19:05発/羽田 00:30(+1)着
羽田 ⇒ 香港:羽田 01:30発/香港 05:45着

となっており、通常間違える可能性があるのは、搭乗日が深夜となっており日程が変わる羽田 ⇒ 香港便の方である可能性が高いけれど、今回は単純なミスから香港 ⇒ 羽田便の搭乗日を間違えて元々予約していた便に乗れない。という、泣くに泣けない事態が発生した。

■購入していた航空券情報
Your HKExpress Itinerary

香港エクスプレスで購入しておいた航空券。
香港の出発日が11月19日(火)、目的地である羽田に到着するのが11月20日(水)となっている。

■予約メールの上部に表示されているGmailのフライト情報
Your HKExpress Itinerary

出発日(とは書いていないけど…)が11月20日と表示されており、これを以て『11月20日が出発日』であると勘違いしていたのが、搭乗日を思い違いしていた原因。(せめて早い方に間違えたのであれば良かったんだけど…)

Gmailのこの日付が何を示しているのかは不明だけれど、自分の場合はこれが原因で搭乗日を本来の予約日から1日後ろに勘違いしてしまったので、ご注意を。

そもそも搭乗日を間違えていることに気付いたのが、出発時間を過ぎてからだったのでその時点で基本的に打つ手無し。という状態からのスタート。

いちおう、香港エクスプレスのカスタマーサポート(英語)に電話してみると『搭乗しなかった場合の返金は一切無い』とのことで、チケットも『買い直しが必要』とのことで、いかにもLCCらしい対応で逆に安心したり(^ ^;

香港エクスプレスのフライトキャンセル時の返金などの対応については、香港エクスプレスのFAQに記載されている。

Hong Kong Express > Need Help? > FAQs

Q:Can I cancel my flights?

A: To provide you the low-fare ticket, all HK Express fares are non-refundable. Fees and surcharges are also nonrefundable. Airport tax can be refunded with a processing fee HKD$250 on a per guest basis. You may visit the page of Fees (see Fess) for more information.

香港エクスプレスのFAQによると、運賃およびサーチャージについては返金不可、空港税についてはHKD 250の手数料で返金が可能とのことだけれど、手数料がHKD 250かかった場合、ほとんど返ってくる金額が無い気がしたので、支払済みの料金の返金については諦めて、急ぎで航空券を買い直しすることに。

買い直しした航空券は、同じく香港エクスプレスで香港 ⇒ 羽田が約16,000円/片道となっており、前日予約の割には極端に高くは無い料金であるように思う…。けれど、そもそも日付を勘違いしていたという自分が情けないことこの上なく、航空券は購入した時点で日程などなどをカレンダーに放り込むようにするのと、どこかのタイミングでダブルチェックするクセをつけないとなぁ…。という感じ。

スケジュール的には『本来の予約日の翌日に帰る』と思い込んでいたので、対外的な影響は特に無いのが不幸中の幸いというか、予約のし直しの手間&チケットを再購入した分の費用が発生しただけで、重要な予定などなどには影響が無かったのは良かったのかなと。

…二度払いになった航空券代が悔しいので、いっちょマカオで稼いできますかね(^ ^;