Android端末にPHS機能を追加できる『だれとでも定額パス』が案外便利

半分ネタと思って購入したWILLCOMの『だれとでも定額パス』が、今回の一時帰国中に使う電話回線として、思いの外役立っている。

■案外役立っている『だれとでも定額パス』
0809_WX01TJ_BT.jpg

ウィルコムの『だれとでも定額』を契約しているPHS端末としては、『だれとでも定額パス』の他に、SOCIUSがあるけれど、SOCIUSは単体のPHS端末として操作する必要があり、電話帳の同期などなどが手間であったり、Android端末上で調べた電話番号宛に発信する際の手間が大きいのと比べて『だれとでも定額パス』は、Android端末上のアプリケーションとして動作するため、感覚的には『Android端末にPHS機能が追加される』という感じで、この使い勝手が悪く無いと思う方にオススメ。

『だれとでも定額パス』のレビューについてはこちらのエントリに記載した通りで、Android端末上で操作が完結するので、Android端末の操作に慣れている方にとっては利便性が高い一方で、細かな使い勝手については正直イマイチ。

と感じる点が多いので『だれでも迷わずにカンタンに使える』とは言い難く、今後の改善に期待している部分も多いけれど、細かな使い勝手の不便さが許容できれば、好きなAndroid端末にPHS機能を追加して『だれとでも定額』を安価に利用できるメリットを享受できるようになる。

日本の固定回線宛の音声通話については、Skypeの1か国限定サービスを契約しており、固定電話宛にはこちらも利用可能となっているけれど、通信品質が安定しない場合や、Skypeからは発信できない番号宛の発信、Skypeでは定額非対象の携帯電話宛の通話も定額(10分まで)になるなど『だれとでも定額パス』を使うメリットはそれなりに大きい。

Android端末をメインに使う自分としては、Android端末上で発信操作が行えるのもPHS端末単体で提供されるSOCIUSよりも使い勝手が良いし、Android端末が変更されても基本的にはPHS側の使い勝手が変わることが無いのもメリット(^ ^)

ウィルコムネットショップでの『だれとでも定額パス』の販売は以下より。
ウィルコムネットショップ

『ウィルコム新春初売フェア2014』として、『だれとでも定額パス』の基本料金が3年間無料になるキャンペーンが行われているほか、『もう一台無料キャンペーン』も4台まで契約可能となっている。(〜1月16日まで)

各種キャンペーンの紹介については以下エントリにて。
『ウィルコム新春初売フェア2014』基本料が3年間無料&もう1台無料キャンペーンが最大4台まで契約可能に | shimajiro@mobiler