「片耳Bluetoothヘッドセット」代わりにGear IconXを購入してみた

スポンサーリンク

Samsungのワイヤレスイヤホン「Galaxy Gear IconX」を購入してみた。(1月19日に発売される新色を購入したので到着まではあと数日。)

Galaxy Gear IconXなどのいわゆる完全ワイヤレスイヤホンは、「ランニングをする人向け」という感じがしていて、ランニングを日課にしているわけでは無いのでこれまでスルーしていた。

そんな中で、台湾のSamsungのお店で実機を試してみると、音声アシスタント(Googleアシスタント)が簡単に使える&音声通話にも使えることがわかったので、「常時装着しても邪魔にならない&音声アシスタントが使える」(片耳)Bluetoothヘッドセットの代わりに購入してみた。

■Galaxy Gear IconX
Galaxy Gear IconX
※台湾のお店で撮影。

最近利用機会が増えているBluetoothヘッドセットは、2015年末に購入した「Jabra STEEL」。

購入してから約二年ほど「ほぼ使っていない」状態が続いていたものの、音声通話に使うドコモのスマートフォンを「Galaxy Note8」に変更したことをキッカケに、「Jabra STEEL」の利用を再開している。

2015年末に公開した、Jabra STEELのレビューは以下にて。

「うける」で応答できるJabra STEELのレビュー

音声アシスタント(Google アシスタント/Siri)を起動するボタンを押してから、音声アシスタントの受付が可能になるまでの時間が長くてイマイチ。

と思ったけれど、Galaxy Note8で使う限りは、この待ち時間もやや改善されているように思う。
※若干待たされる。という点はかわりはないけれど…。

「ボタンを押してから音声入力が受付されるまでに時間がかかる」という致命的な問題が、Jabra STEEL側の問題なのか、Androidスマートフォン側の問題なのかは切り分けができていないけれど、せっかく専用のボタンがあるのに使い勝手が良くない。というのは個人的にはちょっとガッカリ。

最近は、徒歩や自転車での移動が増えたことに加えて、スマートフォンの着信音・通知などなどを完全に消音に設定しているので、Bluetoothヘッドセットやスマートウォッチなどを身につけていない状態だと、音声着信を見逃してしまう。というのも、最近になってBluetoothヘッドセットを多用しはじめた理由。

また、小さな子どもの世話をしている最中などなどには「手が離せない」または「スマートフォンの画面を見ている余裕が無い」という機会がけっこうあるので、Bluetoothヘッドセットが欠かせない。

というわけで「ちゃんと使える片耳Bluetoothヘッドセット」を、

・音声通話が安定して使える
・音声アシスタントが使える
・本体の待受時間が長い
・充電が専用端子ではない

という条件で探してみたけれど、「使いたい!」と思えるプロダクトが特に見つからなかったので、思い切って完全ワイヤレスイヤホンに手を出してみた次第。

用途的にマッチするのか?はやや不安もありつつ、初めて使う完全ワイヤレスイヤホンなので楽しみ。

Galaxy Gear IconXの通常価格は26,870円、Amazon.co.jpでは24,400円にて販売中。