シンガポール チャンギ国際空港でLTE対応のプリペイドSIM(nanoSIM)を購入!SIMフリーのiPhone 5sで使用

シンガポールのチャンギ国際空港で、SingTelが販売するLTE対応のプリペイドSIM(nanoSIM)を購入してみた。

■購入したSingTelのプリペイドSIM(nanoSIM)
SingtelのプリペイドSIM(nanoSIM)

SingTelのプリペイドSIMの販売価格はSGD 38(約 3,000円)。
SIMカードの初期残高はSGD 38販売価格と同額になっている。

今回購入したSIMカードは、初期残高に1GB分のデータ通信量が含まれており、こちらの有効期間は1週間とのことなので、それほどデータ通信量が多くない場合や、滞在期間が短い場合はこの1GB分の通信量で十分なのかもしれない。

SIMカードの販売場所はRHBの両替所で、今回はターミナル2にあるRHBの両替所(入国審査前にあった)でSIMカードを購入。

ただし、最初に行った両替所では『在庫が無い』とのことで購入出来ず、数分歩いたところにある別のRHBの両替所の両替所で購入することができた。このように、店舗によっては在庫が無い場合もあると思うので、1つの店舗で在庫が無い場合でも諦めずに探してみると良さそう。
※それでも、micro/標準タイプのSIMカードについては在庫無しということで今回は空港で購入することができなかった。

■SingTelのプリペイドSIMはRHBの両替所で購入可能
SingTelのプリペイドSIMはRHBの両替所で購入可能

両替所でSIMカードを購入可能なので、日本円などをシンガポールドルに交換してすぐにSIMカードを購入することができるのは便利(^ ^)
クレジットカードでの購入は不可だけれど、海外の通貨でも直接プリペイドSIMは購入可能だった。

RBHの両替所では、日本語のサービスガイドも設置されていた。

■RBHの両替所にはSingTelのサービスに関する日本語ガイドもあった
日本語のサービスガイドもあった

SIMカードを購入したら早速、日本で購入したSIMフリーのiPhone 5sで使用。

■SIMフリーのiPhone 5sにSIMカードを挿入
SIMフリーのiPhone 5sで使用

SIMフリーのiPhone 5sにSIMカードを挿入すると、開通作業(アクティベーション)や、APN設定などの各種設定を一切行わずに自動的に4G LTEで通信を行うことができたのは旅行者として嬉しく、さらに1GB分の無料通信もついてくるので、各種プラン登録方法などをインターネットで調べるの際も安心できる。

日本のケータイをシンガポールで利用する際の注意点としては、SingTelが提供するLTEの周波数帯は1,800MHz帯(Band 3)と2,600MHz帯(Band 7)となっており、対応する周波数帯が異なる場合はLTEサービスが利用できない。
※国内で販売されているiPhone 5sについては、どちらの周波数にも対応しているため問題は無い。

■SIMカードを挿すとすぐに4Gに接続された
すぐにLTE表示に

スピードテストの実施結果は以下。
(場所はチャンギ国際空港内で、下り最大75Mbps対応エリア内で測定)

■スピードテスト結果:Ping 26ms 下り 30.61Mbps 上り 10.56Mbps
スピードテスト結果

チャンギ空港内で行ったスピードテストでは下り30Mbps/上り 10Mbpsを超える速度を記録しており、通信速度はかなり快適。

今回購入したSingTelのプリペイドSIMは、前述の通り1GB分の通信が無料で利用可能となっているけれど、プリペイドSIMを使って各種データプランへの登録も可能になっている。

■SingTelのプリペイド向けデータプラン一覧
SingTel データプラン
ソース:Mobile Data | SingTel

上記のSingTelのプリペイド向けデータプランの中でも、データ通信量が多い場合は、以下のプランへの登録が良さそう。

■High Usage Plans!
1日定額:2GB SGD 6
3日定額:6GB SGD 15
7日定額:14GB SGD 25

データプランへの登録は、SingTelのプリペイドSIMを挿した携帯電話から『*363』宛に発信して返送されるSMSの内容に従って手続を行える。

■SMSでプラン登録を行う
SMSでプラン登録を行う

今回、シンガポールでSIMカードを購入して感じたのは、シンガポールは東南アジアの中では物価がかなり高い国であるためか、プリペイドSIMの価格もSGD 38(日本円で約3,000円)と決して安い金額では無い。

というのが正直な感想で、1週間以内のような短い滞在期間の場合は、SIMフリー端末を用意するコスト + SIMカードを現地で購入して設定&各種プランへ登録するために係る手間などを含めて考えると、ドコモの提供する『海外1Dayパケ』(シンガポールは980円/24時間)や、モバイルWi-Fiルータのレンタルをした方がカンタンかつ、値段もそれほど高く無い。とも言えるかも(^ ^;

とりあえず今回は空港でSIMカードを購入するだけで、シンガポール滞在はまた後日になるので使い勝手などなどのレポートに関してはまた後日の予定。

その他、SingTelの4G LTE対応のプリペイドサービスに関する詳細はSingTelのWebサイト(英語)にて。

4G Prepaid SIM | SingTel