Y!mobile、Huawei製のモバイルWi-Fiルータ『E5382』を投入か?

スポンサーリンク

Blog of Mobileのエントリにて知った情報。

SoftBank傘下のイー・アクセスとWILLCOMが合併して誕生する新キャリア『Y!mobile』向けのモバイルWi-Fiルータと思われる、Huawei製の『E5382』が、総務省のWebサイトにて技術基準適合証明等を受けた機器として確認可能となっている。

■『E5382』の検索結果(一部)
総務省 電波利用ホームページ 技術基準適合証明等を受けた機器の検索

認証情報から、Wireless City Planningが提供するAXGP、EMOBILEの提供するLTEネットワークの他、SoftBankが提供する3Gに対応予定であることが確認できる。

Y!mobileは2014年6月よりサービス開始予定であることが発表されているものの、具体的なサービスの内容などについては発表が行われていないため、サービス内容や料金プランについての詳細は不明。

モバイルWi-Fiルータは、ドコモ&KDDIの2014年夏モデル発表会にて新機種の投入が無かったほか、WiMAX 2+を展開するUQコミュニケーションズについても、Wi-Fi WALKER WiMAX2+以外にWiMAX 2+対応機種を発売していない状態なので、Y!mobileからの新機種発表を楽しみにしたいところ。

とは言え、AXGPおよびEMOBILEのLTE(Band 3)に対応しているGL09P、GL10Pなどの端末はそれほど使い勝手が良いわけでは無く、『複数のネットワークへの対応』が、ユーザとしての使い勝手改善にイマイチ寄与していない気がする。と言うのも正直な感想ではある。