バニラエア『シンプルバニラ』から受託手荷物を除外して値下げ/支払手数料は2倍に値上げ

成田空港を拠点にするLCC『バニラ・エア』は2014年冬期ダイヤ(10月26日以降搭乗分)より、『シンプルバニラ』の料金に含まれていた受託手荷物20kgを除外し、従来よりも安い運賃で提供することを発表。成田 〜 札幌(新千歳)線の場合、『シンプルバニラ』の最低料金が6,500円 ⇒ 4,800円へと値下げされる。

その一方で、支払手数料は従来の200円/1区間 ⇒ 400円/1区間へと倍増するなど、各種手数料は値上げが発表された。

バニラエアの新運賃については以下より。

冬期スケジュール(10/26以降)から一部の運賃ルール、手数料が変わります | 【公式】バニラエア (Vanilla Air)

■『シンプルバニラ』の料金(2014年冬ダイヤ)
東京(成田) 〜 札幌(新千歳):6,500円 ⇒ 4,800円/片道 (▲1,700円)
東京(成田) 〜 沖縄(那覇):8,500円 ⇒ 5,900円/片道 (▲2,600円)
東京(成田) 〜 奄美大島:8,000円 ⇒ 5,500円/片道 (▲2,500円)
東京(成田) 〜 台北(桃園):10,000円 ⇒ 7,000円/片道 (▲3,000円)
東京(成田) 〜 ソウル(仁川):7,500円 ⇒ 4,000円/片道 (▲3,500円)
※国際線は燃油サーチャージ込み

バニラエアの『シンプルバニラ』の料金は、受託手荷物20kgの料金が込みとなっていたものの、『受託手荷物なしで安く乗りたい』という場合はセール運賃である『わくわくバニラ』が発売されるタイミングを待つしかなかったので、『受託手荷物無してとにかく安く』抑えたい。という使い方には向いておらず、セール時の『わくわくバニラ』を除くと、他のLCCよりも運賃が高い。という状態だった。

2014年冬ダイヤからは『シンプルバニラ』の運賃が値下げされ、受託手荷物20kgが有料オプションとなることで、料金体系としては他社LCCと変わらない料金体系となる。海外のLCCでも基本となっている『基本運賃は割安で他は有料のオプション』というスタイルは個人的には歓迎。

一方で、スタンダードシートの座席指料が300円 ⇒ 500円に、支払手数料が200円 ⇒ 400円に値上げされるため『往復共に座席指定だけする』というケースは、運賃以外の部分で往復で800円値上がりする計算となり『シンプルバニラ』の値下げ分を考慮しても、路線によってはそれほど安くなることが無い。
※国際線の『シンプルバニラ』については3,000円以上の値下がりと、従来価格と比べて割引が大きくなっている。

■各種料金の変更
座席指定料(スタンダード):300円 ⇒ 500円
座席指定料(リラックスシート):1,200円 ⇒ 1,000円
支払手数料:200円 ⇒ 400円

2014年冬ダイヤの発売開始は8月9日(土)14:00からの予定。
冬期運航スケジュールを 8/9 に販売開始します! | 【公式】バニラエア (Vanilla Air)